1. まとめトップ

〝一目惚れ〟の瞬間は?起こりやすいときってどんな時?

ひとめぼれの感覚と、どんなパターンで起こりやすいのかを調べました。ミラクル☆

更新日: 2016年10月07日

abcdefg24さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 11927 view
お気に入り追加

一目惚れとは

一目惚れとは、一目見ただけで恋してしまうこと。一目見ただけでその相手のことに夢中になってしまう体験や心的状況のことを言います。

一目惚れの瞬間

私は、放心状態で固まりました(笑)
瞬きを忘れるような。

一目惚れには、男女でメカニズムに違いがあります。男性は好みのタイプを「容姿などから受ける外見の特徴」で判断することが多いのですが、女性は「見た目から想像できる性格や考え方などの内面性」で判断することが多いようです。

「出会った瞬間に彼女が光に包まれた」

「学生の頃バーに入ったとき、女の子を見て鳥肌が立った」

「目が張り付いてしまった」

男性の一目惚れ。

目線に変化が現れる女性が多いよう

「じっと見つめてしまう」か「意識しすぎて見られなくなる」

PEA(フェニルエチルアミン)という物質が一目惚れと関連。脳から各神経に情報を伝える神経伝達物質の1つで、恋した瞬間に脳内で大量に分泌される。PEAが体内で分泌されると、高揚した気分となり、恋に溺れた状態になる。

恋に落ちた瞬間、脳は12の領域にドーパミン、オキシトシン、アドレナリンなどのホルモンが分泌されます。それにより多幸感が引き起こされます。

驚くべきことに、これらのホルモンはたったの0.2秒で脳内に広がるという。

~一目惚れが起こりやすいパターン~

自分が普段から抱いている理想像が目の前に現れたときに、一気に興奮状態に陥る。

だから、ドキドキして一目惚れするのですね。

第一印象が良いとその後の印象も良いと感じる。

相手のことを全く知らない場合、その人を評価する時はパッと見た全体の印象で決まり、これを表現認知といいます。表情や雰囲気などの大まかな印象ですが、何となく良いなと感じると良い部分ばかり目につくように。

自分と似ている人は、安心できる。

自分の遺伝子から最も遠い場合は一目ぼれするといわれています。

人は自分に足りないものや、違うものをもった相手に惹かれる傾向にあります。自分にはない遺伝子をもった人間を求めており、自分とは違う部分を持った人を求めています。

一目惚れで惹かれる遺伝子と言うのは自分に有利な遺伝子であることが多く、子孫繁栄のために備わっている直感と言える。

これまでの経験から、イメージする。

昔いいなと思っていた人と顔や髪型、体型が似ていたり、なんとなく雰囲気が似ていたりすると、一目見ただけでドキドキしてしまい、「惚れてしまった!」と勘違いをしてしまうことがあるようです。

周りの評価も気になる傾向にある。

特に女性は、他人が羨む物(人)を持ちたがる傾向が強く、さほど気にもしていなかった男性が、周りから人気があると知ると急に手に入れたくなり、負けたくない思いが強まってしまいます。

男女の出会いでインパクトが強いのは、何と言ってもあまり今まで付き合ったことのないタイプの異性と出会ったときです。

出会いがとても新鮮に感じられるからだそう。

↓参考・引用さいと

1 2





いつも、ありがとうございます!
ご意見、削除依頼などはtwitterよりお願いいたします。

https://twitter.com/1119068k

このまとめに参加する