1. まとめトップ
  2. ガールズ

初産の平均年齢は年々上昇…高齢出産をする女性の「心構え」

昨年から今年にかけて多くの芸能人がママになり、高齢出産も多くなって来ました。日本では、初産の平均年齢は30年間で4歳も上昇しているそうです。そんな高齢出産をするママの心構えをまとめてみました。

更新日: 2016年07月24日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
145 お気に入り 151924 view
お気に入り追加

▼2015年~2016年、芸能界は出産ラッシュ。

▼女性の社会進出がめざましい現代。出産の年齢も上がっています。

初産での出生数は、35歳以降の年代で増加傾向。

2015年時点での第一子出産の平均年齢は30.7歳と、26.7歳だった1985年からの30年間で、4歳も上がっていることになります。

▼昔ほど抵抗はないものの、やっぱり心配な高齢出産。

高齢出産が増えているとは言え、
やっぱり色々心配、不安になりますよね。

高齢になればなるほど、母子ともに色々なリスクが高まっていく

▼もちろん、高齢出産のデメリットはあります。

妊娠中の心配もあるけれど、年齢が上がれば体力なども落ちて来るので、出産後も色々と大変です。

加齢とともに血管の老化が進行し、血管内皮細胞が障害を受けやすく、そのために年齢と共に妊娠中毒症は発症しやすくなる

□心構えだって大切!高齢出産ママが実践しておきたいこと。

・自分が安心して出産出来る産院を探しておくこと。

出産という大仕事をサポートしてもらうパートナー、産院選びはとても大切。総合病院から助産院まで色々とあるのでしっかりチェック!

検査薬の陽性反応を見て、本当に妊娠しているかハッキリさせようと思ったとき、まず第一のハードルとして立ちはだかるのが病院選

・保育園は出産前にしっかりチェック!しっかり見学!

待機児童ニュースも取り上げられていますので、ここは早めに申し込みをしておきましょう。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう