1. まとめトップ

女性が稼げる職業は?【美人ばかり】

宝島社から出版されている別冊宝島『日本人の給料大辞典』では、全203の職種を調査・比較した「他人の給料」がまとめられているが、代表企業144社の実名を公開した平均年収などが比較されているが、その一部を公開している。

更新日: 2017年07月09日

1 お気に入り 15553 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Bule_skyさん

また、厚生労働省の「平成25年賃金構造基本統計調査」によると、男女間の賃金水準は、男性を100とした場合、女性は71.3にとどまっている。以前と比べると格差は少しずつ縮小しているものの依然として日本の女性の賃金水準は低く、男女間格差は、先進国の中で日本が最大となっている。同誌編集部が複数のデータから女性の職種別平均年収を算出して、上位10職種をランク付けしたところ、以下のような結果となった。

10位 歯科医 約573万円

祖父、父、共に歯科医という家庭で育つ。 12歳より子役として地元・名古屋の児童劇団に所属していたが、歯科医師を目指すと決めてからは勉強を優先させ、1994年4月に愛知学院大学の歯学部に入学した。

6年後の2000年3月に同大学を卒業。 その後上京し、2001年4月に日本歯科大学付属病院に研修医として入る。

2002年3月に研修を終え、そのまま同病院の医局員として勤務。 時を同じくして、同年4月より日本テレビ『恋のから騒ぎ』に「9期生」としてレギュラー出演した事をきっかけに、タレント活動も並行して開始した。 2003年3月の番組卒業後も同医局に勤務。

誕生日:1985年8月21日 出身:愛知県 学歴:東京医科歯科大学 大学院 身長:155cm 血液型:A型 東京医科歯科大大学院に在学する歯科医でモデル mina, CUTiE, used mixなど、幅広いジャンルの雑誌で活躍中。

9位 高等学校教員 約602万円

8位 大学講師 約657万円

7位 記者 約698万円

6位 公認会計士/税理士 約730万円

「美人すぎる公認会計士」としてTVやラジオ、雑誌など数多くのメディアに出演中。お茶の水女子大学在学中に公認会計士二次試験に合格。卒業後、太田昭和監査法人(現・新日本有限責任監査法人)に入所。国内企業の監査に多数携わる。2000年、公認会計士三次試験合格後、独立。企業の経営コンサルタントを行う傍ら、講演やセミナー講師など多方面で活躍。テレビの情報番組のコメンテーターを始め、ラジオ、新聞、雑誌など幅広いメディアに出演している。

5位 パイロット 約805万円

4位 大学准教授 約806万円

いよいよベスト3!!!!

3位 医師 約884万円

湘南白百合学園幼稚園・小学校・中学校
桐蔭学園高等学校
聖マリアンナ医科大学卒業。

タレントとして多くのテレビ番組などに出演し、イメージビデオや写真集も出版している。一方、将来の目標は「医療ジャーナリスト」としている。(Wikipedia)

女医マリリン

京都府立医科大学卒業後、医師免許取得。メイクアップやスキンケア、インナービューティーの講師を務め、講演会も開催している。恋愛・美容・性についてのコラムも好評連載。

アイクリニック自由が丘 (http://doctorsfile.jp/h/11698/df/1/
保田明子 院長

眼科専門医、医学博士
・金沢医科大学/非常勤講師
・1995年 金沢医科大学医学部医学科卒業
・1995年 第89回医師国家試験合格
・2001年 日本眼科学会専門医認定
・2004年 金沢医科大学より医学博士の学位授与
・2005年 金沢医科大学医学部・非常勤講師
・2006年 アイクリニック自由が丘 開院

2位 大学教授 約1017万円

この美人教授とは、中国・武漢大学科学分子科学院の袁荃(えんせん)教授(30歳)。他のネットユーザーによると、彼女の夫も武漢大学の教授だという。

 袁教授は、2000年から04年まで、武漢大学で化学学士の学位を取得後、04年から09年には北京大学で化学博士を取得。09年からは米フロリダ大学に留学し、昨年29歳という若さで出身大学に教授として戻るという超エリートだ。昨年2011年には全国優秀博士論文にも選ばれている。

 袁教授に関する書き込みは、600回以上転送され、ネットユーザーは“すごい”と賞賛していた。

1位 弁護士 約1201万円

東大首席→官僚→弁護士!最強のエリート美女

筑波大学付属高校を卒業して、東京大学に入学。在学中3年生時に司法試験合格。4年生時に国家公務員第1種試験合格。2006年に東京大学法学部を首席で卒業後、財務省に入省。現在は大手弁護士事務所にて企業法務に従事している。(toyokeizai)

1 2