1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

27時間テレビで話題に!福岡発の熱血ゴリラ教師「イチゴリ先生」とは?

全体の平均視聴率こそ振るわなかったものの、瞬間最高視聴率を記録した菜々緒の活躍や、ベッキーの登場など要所要所で話題を集めた今年の「27時間テレビ」。そんなか番組の合間に放送されていたアニメ「熱血ゴリラ教師 イチゴリ先生」も話題になっていたようです。

更新日: 2016年07月25日

tosemoveさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 67399 view
お気に入り追加

◇今年も放送されたフジテレビの夏の風物詩「FNS27時間テレビ」

今月23日~24日に放送されたフジの夏の風物詩「FNS27時間テレビ」。

今年のFNS27時間テレビは「年に一度、皆さんに笑顔をお届けする大感謝祭」

明石家さんま(60)、「ウッチャンナンチャン」内村光良(51)、SMAP中居正広(43)、フリーの加藤綾子アナ(31)らがリレー方式でMCを務め各番組をつないだ。

▽視聴率はというと全体の平均が7.7%と撃沈……、その一方で要所要所では話題になっていたみたい

全体の平均視聴率は7.7%と前年より2.7%ダウンだった今年の「27時間テレビ」。しかし、要所要所では話題になっていた。

「FNS27時間テレビフェスティバル!」(23日後6・30~24日後9・24)の平均視聴率は7・7%

前年「ナインティナイン」が総合司会を務めた「27時間テレビ」の平均視聴率は10・4%だったため、2・7%のダウンとなった。

・瞬間最高視聴率16.9%を記録した「痛快TVスカッとジャパン」での菜々緒

瞬間視聴率は菜々緒がゲスト出演した「痛快TVスカッとジャパン」。菜々緒がイヤミ課長を一蹴したシーンは多くの人がスカッとしたみたい。

瞬間最高は23日午後8時57分の「痛快TVスカッとジャパン」放送中の16・9%。

女優の菜々緒(27)演じるキャリアウーマンが、木下ほうか(52)扮するイヤミ課長を一喝。イヤミ課長にいびられていた女性社員を励ます場面

27時間テレビでもスカッとジャパンやってる〜 イヤミ課長と菜々緒のコラボ最高や

・深夜帯にはベッキーからの生電話が話題になるなどし、高視聴率を記録している

27時間テレビの名物コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」にはベッキーが生電話。驚きの瞬間だった。

明石家さんま(61)とSMAP・中居正広(43)の掛け合いで人気の「さんま・中居の今夜も眠れない」では、

さんまからの「連絡つくかな?ベッキー見てないかな」という呼び掛けに答え、ベッキーの生電話が実現

大きな話題を呼んだが、このコーナーを含む時間帯の視聴率は深夜帯としては高めの4・9%だった。

今年もしっかりさんまと中居のトークを最後まで聞いてしまった。ベッキーが電話かけてきたときはめっちゃ笑ったわ

◇そんな今年の「27時間テレビ」、気になる存在がもうひとつ……

27時間テレビの合間に放送されていた謎のアニメ「イチゴリ先生」。

27時間テレビの合間に放送され、強烈なインパクトで話題になっていたのがイチゴ柄のゴリラ“イチゴリ先生”

同アニメは、今どき熱血でなぜだか“ゴリラ”な教師が学校のいじめ問題を解決していく物語を描いたもの。

▽その独特のフォルムからか「イチゴリ先生」はネットでも話題になっていた

1 2





tosemoveさん

まとめを読んで頂きありがとうございます。個人的に気になったことを出来るだけわかりやすくまとめていきたいと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう