1. まとめトップ

【超有益情報】格安で手に入る重曹でガンを予防、撃退する方法【神秘の粉】

格安で手に入る重曹は虫歯、肝臓病、癌(ガン)、被ばく痛風などあらゆる病気を治す効果があるって知ってましたか?重曹は、ガン・慢性病とは、身体や血液が酸性に傾く事であり、アルカリ性の重曹はそれを中和します。電子を奪われる(酸化する)から病気になり、電子を与えて還元すれば、様々な病気は治るのです。

更新日: 2016年08月19日

18 お気に入り 5259 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

お手軽でどこにでも売っている重曹がガンに効く!

掃除に使う重曹が健康にいい、なんて聞くとちょっと意外な感じがするかも。でも、重曹(=炭酸水素ナトリウム)は、もともと体の中にある物質です。

掃除をすればピカピカ、水にとかしてうがいをすれば歯も強くなる。ダイエットにも!!なんでも万能なこの重曹はガン撃退にも役立ちます!

精製糖質を過剰摂取している現代人は、糖代謝が追い付かずピルビン酸、乳酸などが溜まって酸化します。乳酸が溜まると尿酸も溜まるのでカラダはドンドン酸性に傾いて痛風発作が起きます。
電子を余分に持っているアルカリ性の重曹水を飲んでいると酸性に傾きにくくなり痛風の予防になります。ガン、腎臓病、胃潰瘍も同じです。

●癌を治療する方法

精製糖質を過剰摂取している現代人は、糖代謝が追いつかず、ピルビン酸・乳酸などが溜まって酸化します。乳酸が溜まると尿酸も溜まるので、身体はどんどん酸性に傾いて痛風発作が起きます。電子を余分に持っているアルカリ性の重曹水を飲んでいると、酸性に傾きにくくなり、痛風の予防になります。ガン・腎臓病・胃潰瘍も同じです。

更に糖質・乳酸の代謝を正常化するビタミンやミネラルを摂取すれば、もっと効果的です。シモンチーニが、重曹・ビタミンB群・Cの点滴でガンを治しているのは、理屈に合っているのです。酸性に傾いた血液(乳酸アシドーシス)を正常化すれば、様々な病名が付いた慢性病が改善します。

重曹がガンに効く理由

重炭酸ナトリウム(重曹)の投与は、体内の重炭酸塩濃度を正常に戻すのを促進する昔からある方法です。この方法は最も安く、最も安全で、一般的な化学療法の副作用や費用なしで、効果的にガン細胞を殺す方法を、自然な形で提供します

私たちの体は、体内が弱アルカリ性、皮膚は弱酸性になっています。健康な体は、いつもこの状態を保つように働いているのです。そして、体内を弱アルカリ性に保つためにあるもののひとつが重曹。血液や体液の餌を弱アルカリ性にする、口内細菌が作り出す酸を中和するなど。私たちが知らない間に、人体のpHバランスを保つ役割を果たしています。

酸性に傾いた血液(乳酸アシドーシス)を正常化すれば、様々な病名が付いた慢性病が改善します

ガンは、体内が必ず酸性状態で発症します。早い話、スーパーの99%の食品は、添加物食品、(酸化防止剤、着色剤、農薬、保存料、合成甘味料などなど・・・)つまり酸性化しています。
そして医薬品なども酸性ですので、必然的に体内が酸性化します。

重曹でアルカリで中和させたら?という単純な発想ですが、これが、実は、劇的に効果があります。体内がアルカリ状態にあるとき、ガンは、生きられないそうです。

重曹水の作り方

重曹を使って炭酸水をつくろう
重曹を使って炭酸水を作る方法
重曹と酸を合わせると発泡して炭酸水に。レモンや酢、クエン酸と混ぜて作りましょう!

重曹で作る炭酸水の分量
重曹……………………………ティースプーン1杯
レモン or 酢………ティースプーン1杯(クエン酸)
ハチミツ…………………ティースプーン1〜2杯

癌以外にも効果絶大!重曹の使い方

放射線除去に絶大な効果

重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用しました。重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去に成功しました。

まさに神の粉とも言うべき重曹ですが、みなさんもこれを機会に試してみてはいかがでしょうか。安く簡単に手に入り、こんなにも結果が如実に現れる治療法です。
疑うよりまず行動です!

重曹水にはダイエット効果も期待できます。重曹水を飲むと、胃酸と反応して炭酸ガスが発生するので、胃が膨らみます。胃が膨らむと満腹感が得られるので、間食や食べ過ぎを防ぐことができるのです。

ダイエット効果を期待しすぎるあまり、たくさん摂取してしまうと、塩分の取りすぎで逆に体調が悪くなってしまう可能性があります。重曹の量は多くても1日3gまでにしましょう。

重曹は水に溶かすことで「ナトリウムイオン」と「重炭酸イオン」に分かれます。この中でマイナスの性質を持つ重炭酸イオンは、体の中にあるプラスイオン「水素イオン」と結合します。疲労のもとになる水素イオンを汗や尿とともに排出させるため疲労回復につながるとされています。

1 2