1. まとめトップ
  2. カラダ

逃げてばかりはいられない!「人混みが苦手・・・」を改善する方法

夏になるとイベントやお祭り、花火と人がいっぱい。それ以外でも土日や祝日に人気スポットに行くと人混みで酔ってしまいますよね。さらに最近ではポケモンGOで今まで人気がなかった場所にも人。人混みが苦手な人にとっては最悪な状況。でも逃げてばかりもいられない。人混みが苦手な原因と改善方法を紹介

更新日: 2016年10月06日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
111 お気に入り 69000 view
お気に入り追加

▼人混みって苦手・・・嫌い・・・

人混みに紛れると色々な重量が身体に 掛かって具合悪くなる

よく考えれば 仙台駅の人混みで具合悪くなる私が祭りに耐えられるのか不安になってきた

▼楽しい!って思うところって特に週末混む・・・

夏休みやお盆休みの他にも春休みや冬休み、祝日や土日など人気のスポットやショッピングモールは人でごった返しますよね。特に今はポケモンGOの影響で普段は人がいなかったような場所にも人・人・人。
人混みに酔う人にとっては、憂鬱でしかありません

お祭りや花火大会、夏フェスなど、多くの人々がひとつの場所に集う機会の多い季節

週末ともなると、「どうも人混みが苦手で…」と尻込みしてしまう人も少なくないだろう。「人酔い」という言葉があるように、混雑のなかに身を置くと具合が悪くなる人もいる

どうしても人混みが苦手な人はいます。こうした人は人混みの中に行くと・イライラす・気分が悪くなる・楽しめない・すぐに帰りたくなるといった症状が現れます

▼人混みが嫌っていう原因はどこにあるのか?

□人との距離が近すぎる

人混みの中にいると自然と他人との距離が短くなります。人にはパーソナルスペースという他人に近づかれると不快に感じる空間があり、女性よりも男性のほうがエリアが狭いとされています。私はこれが人混みが苦手な理由なんですが、お祭りや花火などさらに人が集まると肌が触れたりして嫌だと感じます

人ごみというのはその場所の人口密度が高いところのことですよね。閉鎖された建物の中に多くに人がいれば方が触れ合うほど込み合ってしまいます

人にはパーソナルスペースというものがあります。それは、このくらい人との距離があると安心して過ごせるという距離感のこと。人混みではひんぱんにそのスペースが乱されますから。脳にかなりストレスになる

□人のにおいが嫌

電車やエレベーターなど人が小さな空間で密接する空間では距離も気になるけど、においも気になる・・・特に夏場は湿度も高いし汗もかくので不快指数はぐんぐん上昇

臭いがもわ~ってするのがダメなので、香水や加齢臭や整髪料の臭いが混ざっていたり、デパートの化粧品と地下からの甘い臭いが混ざっていたり、が気持ち悪くなるポイントかな?と、分析してました

□色んな人と目が合ってしまう

人がそれだけいるという事は、自分が誰かから見られているんじゃないかという事を気にしたり、目をあわせないように反らしたりしてきょろきょろしているうちに人酔いしてしまうという事も

無意識に人は、人を模倣したり、人に共感するようにできている。しかし近くにいる人が多すぎると、意識がどこに焦点をあてればいいのかわからず、宙をさまよったような感じになってしまう。意識の焦点が自分の外をさまようことで酔った感じになる

□光や音の刺激が強い

人の声や車の音等雑音と感じる音を耳が拾ったり、光などを人よりも敏感に感じる人もいます

生まれつき五感の感覚のするどい人や感覚過敏の人は、周りの人が出す騒音や動きに敏感に反応し酔ってしまいます

□酸素不足

コンサート会場など広い空間でも大勢の人が集まると圧迫された感じになるし、物理的に酸素濃度というのは低くなります。

息苦しくなる原因の1つは、物理的に酸素濃度がひくくなることがある。あたりまえのことかもしれないけれど、同じ場所に2人しかいないのと、50人いるのとでは1人に与えられる酸素の量は変わってしまう

□人混みが苦手・嫌いな人に起きる血管迷走神経反射

他にも対人恐怖症やパニック症候群など様々な原因も考えられますが、よくあるのが血管迷走神経反射と呼ばれる反応らしい

人混みに対して強いストレスを感じる人が、『血管迷走神経反射』という症状を引き起こす可能性がある

1 2





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています