1. まとめトップ

はじめての一人暮らし!楽に、お得に【引っ越しマニュアル】

引っ越し業者の選定・見積もり、荷造り、不用品の処分、必要物の購入、退去・入居手続き、水道・ガス・光熱費などの手続きなど、引っ越しはやることがいっぱいです。これから一人暮らしを始める人のために、引っ越し準備~入居までをできるだけ楽に、お得に行うための【引っ越しマニュアル】をまとめました。

更新日: 2016年07月26日

2 お気に入り 903 view
お気に入り追加

◆引っ越し準備前段階◆

具体的な業者選定や費用計算に入る前に、これからやらなければいけないことのリストを用意しましょう。引っ越し準備リストを公開しているサイトがたくさんあるので参考にしてみてください。

---------------------------------やらなければいけないことリスト---------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
大まかには下記のような流れです。
(1)引っ越し業者の選定
(2)転出手続き
(3)荷物の整理・梱包
(4)不用品の処分・必要物の購入
(5)引っ越し後…転入手続き・電気ガス水道の手続き・住所変更の手続き

≪引っ越しにかかる費用を把握しよう≫

やらなければいけないことを俯瞰できたら、今度は何にどれだけ費用がかかるのかを把握しましょう。これからはじめて一人暮らしをするのであれば、削れるコストは削ってお得に引っ越したいものです。

・荷物の運搬費用
・不用品の処分費用
・必要物の購入にかかる費用
・交通費

引っ越しにかかる費用は大まかにこんな感じ。
あとは、はじめての一人暮らしではトイレットペーパーや石鹸、シャンプー、洗剤など細々したものもイチから揃えないといけないので、この辺も地味にお金がかかります。

全体費用の中で抑えやすいのは、荷物の運搬費用、不用品の処分費用、必要物の購入費用です。

◆引っ越し準備その① 引っ越し業者を使うのか?◆

まず、引っ越し業者を使うのかどうか。
多くの場合は引っ越し業者を使うことになると思いますが、荷物が少ない場合はトラックを借りて運んだり宅配便で送ってしまった方がいいこともあります。

■運搬方法① 自力で運ぶ

近距離で荷物が少なければ、友達を招集してレンタルトラックで運んだ方が安くすみます。

■運搬方法② 宅配便で郵送

荷物が少ない場合は宅配便で送った方が安い場合もあります。大型の家具や家電がある場合は厳しいでしょう。実家暮らしから一人暮らしに変わる人で、家具家電は引っ越し先で購入、自分の持ち物は段ボール数個分だけ、というワイルドな人向けの方法!

これは実際にあった話です。引越し業者が1人暮らしで関東から九州へ引越しする予定のユーザーから仕事の依頼を受けました。見積もりにいくと、ユーザーの荷物はダンボールのみでした。また、ユーザー自身、関東から九州への移動にも時間がかかるので、荷物の受け取りは翌々日以降でかまわないということでした。引越し当日、引越し業者は一日の仕事の最後にそのユーザー宅に行き、ダンボールを引き取りました。会社に帰った引越し業者は引き取ってきたユーザーのダンボールに荷札を貼って、宅配業者に集荷を依頼しました。翌々日、ユーザーの荷物は九州で宅配業者から無事に受け取られました。ユーザーの荷物は10箱のダンボールのみ。ヤマト運輸が発表している宅急便の料金表どおりでも、この関東から九州への引越しにかかった運賃19,520円。引越し業者は宅急便と運賃契約を別に結んでいますから、実際の運賃はもっと安いでしょう。引越し業者がこのユーザーに対して見積もった引越し料金は30,000円でした。引越しとはいえ、荷物が家具なしでダンボールのみならば、はじめから宅配業者を利用するとお得になります。

宅配業者を使ってダンボールのみの引越しをする場合の料金
ヤマト運輸のホームページにある料金表でダンボール一個から簡単に計算することができます。引越し使う一般的なダンボールのサイズはおよそ50cm×40cm×40cmくらいですから、ヤマト運輸の料金表でいうサイズは140に相当します。
例えば関東から関西へダンボールのみ15個の引越しなら・・・
ダンボール1個の運賃1728円 × 15個 = 25,920円 これに荷物が2個以上の場合、荷物1個に着き100円の割引が有りますから-1,500円で24,420円
24,420円で引越しができてしまいます。特に遠方への引越しの場合、とても有効な手段です。

引っ越し手順はこんな感じでした。

近くのコンビニで段ボールをもらってくる
荷物を箱詰めする
ゆうパックの集荷センターに電話して、取りにきてもらう日程を決める
集荷に来てもらう
新幹線で移動する
翌日か翌々日に新居で受け取る
簡単ですね。

■運搬方法③ 引っ越し業者を使う

1 2 3





エコファストさん