1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

27時間テレビに圧勝…日テレ「イッテQ」が視聴者に愛されるワケ

日本テレビ系列で毎週日曜日に放送される人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」が、フジテレビの27時間テレビとの視聴率対決に見事勝利を収めました。毎週、安定した視聴率を誇る同番組、その人気の秘密とは?

更新日: 2016年07月28日

69 お気に入り 218327 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■フジの27時間テレビが過去最低の視聴率を更新

30回目を迎えたフジテレビの27時間テレビ(7月23~24日)の平均視聴率が過去最低の7.7%だった

これまでのワーストは2013年の9.8%で、昨年も10.4%を記録していただけに、まさに急落と言える

時間帯別の最高視聴率も、古舘伊知郎をゲストに迎えた『ホンマでっか!?TV』の13.3%にとどまるなど、「番組が盛り上がるヤマ場がなかった」という現実にショックを受けている関係者は多い

■フジテレビ惨敗とは裏腹に、裏番組の「イッテQ」は好調

裏番組の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)がイモトアヤコ(29)の「登山部マッキンリーSP」を放送

お笑い芸人のイモトアヤコが、北米最高峰・マッキンリーの登頂に成功した様子が放送された

■近年、安定した視聴率を維持する「イッテQ」

平均視聴率は2009年以降は16%前後まで、2013年以降は19%前後に上昇するなど同時間帯民放トップ

裏番組のNHKの『大河ドラマ』やテレビ朝日系の『大改造!!劇的ビフォーアフター』と並ぶバラエティ番組として地位を確立をした

■なぜイッテQは人気番組へと成長できたのか

大掛かりな企画

2009年のキリマンジャロを皮切りに、モンブラン、アコンカグア、マッターホルン、マナスル、マッキンリーと世界の名峰を制覇

2014年には世界最高峰のエベレスト(8848メートル)にも挑戦したが、訓練中に雪崩事故が発生し、登頂を断念していた

月1回ほど放送されている名物企画。「お祭り男」宮川大輔がその月に開催される世界のお祭りをランダムで選び、体験する

「お祭り男」こと宮川大輔さんが体を張って、世界中の祭りをレポートする

毎回宮川大輔さんの勇気ある姿に、笑いと感動をいただきます

レギュラーメンバーの個性が光っている

レギュラーのメンバーを見ればわかるが全員が全員とてつもない個性を持っている

もはや女を捨てているのではないかっという感じの「温泉同好会の女性芸人」達いろいろ失敗もしているが最後はクールに決める「手越 裕也」

イモトアヤコや、宮川大輔を始め、人気芸人が身体を張って挑戦する企画はとても面白く、子供から大人まで大人気です

1 2