1. まとめトップ

家を買うにはいくら必要? 諸費用って何? 仲介手数料って絶対払うの?

広告とかに○○○○万円、ってよく書いてあるけど、多分それだけじゃないよね。でも調べるのめんどう‥諸費用とか、仲介手数料がどーのこーのとか。わかります。新築建売一戸建をメインに、おおざっぱにこんな感じです。

更新日: 2016年08月07日

13 お気に入り 23729 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まだまだ先の話だけど、 だいたいの金額を知りたい

■でも読むのめんどう、すぐ知りたい!

はい、物件金額のほかに「諸費用」が絶対必要になってきます。

諸費用とは、住宅を購入する際に購入代金以外にかかる費用のこと

住宅ローン関係、登記費用、火災保険、仲介手数料、維持管理費用(マンションの場合)、
引越代、カーテン、照明、エアコン、インテリアなどなど。
登記費用や火災保険は絶対必要ですよね。
カーテンや照明は今までのを使えそうですが、
「新しい家に中古はイヤ!」という人は多く、
サイズのこともあり、だいたいは新しく揃えるようです。

というわけで、さくっと見当つけるとしたら、

諸費用の総額は、物件価格(購入価格)の3~8%程度です。

つまり、3,000万円の物件なら、だいたい100万円~250万円かかる、ってことで、

この場合、家のお金の他に最低100万円ぐらいは用意しとかなきゃいかん、ってこと?

■だけど何この幅は‥100万円でいいの? 250万円かかるの?

不動産取引には、おおざっぱに2つあって、

物件直売は「売主」

間に業者がはいると「仲介」で、
(広告の説明に〈仲介〉とか書いてあります)
手数料が発生します。

それで計算してみますと‥

どうして、何件か家を案内してもらっただけで100万円近くかかるんだよ!! という感じです。

いろいろあるんですが、
感覚的にはそう思うと思います。

3000万円なら100万円、
6000万円なら200万円近いですよね。

■じゃあ、物件が仲介じゃなくて売主直売なら?

仲介手数料は、売主と買主の間に不動産屋が入って物件売買することで発生します。売主が買主に直接売る場合は、発生しません。

0円なんです。

■なので、「売主」か「仲介」かで、結構差があるんです

諸費用は、
仲介なしなら100万円ぐらいからで、
ありなら250万円くらいみとく、ってことだ。

仲介手数料が不要な取引:3~5%程度

3000万円の物件なら、90~150万円程度。
登記費用とか、引っ越し代とか、わちゃわちゃしたものの合計。

仲介手数料が必要な取引:6~8%程度

こちらだと、180~240万円程度。
そのわちゃわちゃしたものに仲介料がのっかってくる、ってことね。

■仲介手数料が要らないとか、安くする方法はないの?

大きい買い物なので、後悔したくない。
方法があるなら、知っておきたい。

仲介手数料は、法令で上限額が決められています。それを超える報酬を請求することはできませんが、安くすることは自由です。

自由なんですけど、みんな上限いっぱい請求してくるんですよね。ま、そりゃそうだけど。

★売主のものを探す

その物件が売主から直接販売されていないか確認してみましょう。

大幅な減額になります。

新築物件で仲介手数料を払わない為に、不動産屋を変えても良いでしょうか?

気が引けるけど、こういうのもアリでいいんだそうです。

★値引してもらう

仲介手数料が「両手」な場合多少交渉しやすくなるでしょう。

売手と買手のどちらからも手数料もらえるなら「ま‥いいか」?

1 2