石原選手の実家である古峯神社は栃木県鹿沼市にあります。
日本武尊をまつり、天狗の社としても知られているそう。境内には大小さまざまな天狗がまつられています。
古峯神社は1300年以上の歴史を誇る古社でもあり、最近ではパワースポット、紅葉の名所としても人気があるそうです。

古峯神社神主の石原選手が、射撃を始めたきっかけは、父であり、神社の宮司でもある敬士さんの影響。
敬士さんはモスクワ五輪の代表選手でした。ところが、モスクワ五輪では政治的な問題から西側諸国がボイコット。日本も例外ではなく、敬士さんのオリンピック出場の夢は絶たれてしまいました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【リオ五輪】え?僧侶が日本代表としてオリンピックに出場していた事実

い良いよ開幕を迎えるリオオリンピック。そんなオリンピックにお坊さんと神社の神職が出場するらしい。異色の職業の参加だが、まだ、あまり話題になっていないよう。もし、メダル獲得となれば一躍有名なお寺と神社になること間違いなしである

このまとめを見る