1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

今すぐ部屋を冷やしたい時のクーラーのつけ方

すぐ実践できて簡単なので覚えておくと使えそうです

更新日: 2016年07月29日

392 お気に入り 180868 view
お気に入り追加

実はいきなりつけるのはNG!

帰ってきたらすぐつけたくなってしまいますが…

帰宅すると、部屋が蒸し風呂状態! エアコンの電源を入れたものの、なかなか涼しくならずに汗がジワジワ……。

重要なのが換気です。外から帰ってきたときは、まず窓を開けて、こもった熱い空気を逃がすようにしましょう。

最初はとにかく強風で!!

低い温度にするより電気代もかかりません

体感温度が下がり、涼しく感じます。設定温度を下げるよりも、風量を強くする方が消費電力が少なく、節電につながります。

風向きは「限界まで上」が◎

エアコンの吹き出し口を上向きにして冷房をきかせると、部屋全体に冷気がまわるようになります。

そしてカーテンを閉める…!

せっかく冷房を効率良く使っても、窓からの熱気対策をしないと効果は半減してしまいます。

遮光遮熱カーテンをする事で大きなガラス窓からの直接の熱をある程度さえぎってくれるので冷房効率が上がります。

一旦冷えたら自動運転がベスト

エアコンは弱運転をするより自動運転設定にしたほうが電気代がかかりません。

風量を「 弱風 」や「 微風 」に設定したくなるかもしれませんが、これだと効率良く冷えないので逆に電気代が高くついてしまうんです。

それでも冷えない時は…

室外機は加熱を防ぐ必要があるため、すだれや植栽を置いたり、専用の日よけパネル を設置したりなどして、日光を遮りましょう。

ただし、吹き出し口付近をふさがないよう注意です

周りに物が置いてあると、熱が室外機から排出されないので、冷えなくなってしまうことも。自転車など近くに置いていませんか?

実はエアコンフィルターは使わなくても部屋の舞い上がったほこりがたまりがちです。

エアコンにホコリが詰まっていると冷えないことが多々あります。ホコリを取ってしまいましょう!

1





あいまぁーさん

カンガルーとボクシング

このまとめに参加する