1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「生まれ変わっても書けない」人気作家がベタ褒めした小説

「3回生まれ変わっても書けない」by宮部みゆき

更新日: 2016年07月29日

4363 お気に入り 418483 view
お気に入り追加

宮部みゆきが才能に嫉妬…!?

「ベストSF2007」国内篇第1位。「ゼロ年代SFベスト」国内篇第1位

宮部みゆき「3回生まれ変わったとしても、こんなすごいものは絶対に書けない」

宮部みゆきにそこまで言わせるのすごい。。。

「9.11以後紛争が激化する世界で、特殊部隊に所属するクラヴィス・シェパードが謎のアメリカ人を追う軍事ハードボイルド」

彼の目的とはいったいなにか? 大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官"とは?

2009年に、34歳の若さで亡くなってしまった。
しかし、死後も評価は高まり続け、様々な企画が立ち上がっている。

伊藤さんにオマージュをささげた小説集や全仕事を振り返るムック本の出版、さらには原作のアニメ映画公開

「奇跡のような一作なんだと思います。こういう本は時々あるものです」

虐殺器官、読了 これを10日余りで書ききったとかやっぱ天才だって

「虐殺器官」というSF小説を読んだ。とんでもない名作だ。作者はすでに故人。知識は人間を強靭にすると確信。中途半端な知は人間を臆病にするばかりだが、その積み重ねから逃げ出してしまったら、きっと明日はないのだろう。

ピース又吉が驚きの絶賛ぶり(゚д゚)

失踪した女性を追い、<楢崎>は、家族のような温かなつながりを持つ<松尾>の教団と、セックスで人を洗脳していく<沢渡>のカルト“教団X”との間を彷徨っていく

そーいえば教団X読み終わったのだけれどテーマが重すぎて消化不良で胃もたれ感半端ないしんどい。

フルーツポンチ村上から、「中村文則さんの『教団X』を読み終えたんですが、凄すぎて、興奮して電話してしまいました。今から、もう一度読みます」という電話があった。本当に凄い小説。僕も同じように二回読んだ。そして、村上に触発されて三回目に突入している。破格の面白さ。

オードリー・若林「作家さんに“オススメの小説は?”と聞くとみんな決まってこの本を挙げる」

もちろん又吉以外の作家にも、ものすごい評価されてる。

ごった煮にして、こちらに「さぁ考えてください。あなたはどうやって生きていきますか」という問いを投げかけてくる。

中村文則の「教団X」読了。右傾化する日本をカルト宗教というフィルターを通して描く超大作。その背景にある仏教、宇宙の始まり、量子論、テロリズムに対する膨大な知識とそれを描き切る平易な文章に圧倒された。賛否両論あるみたいだけど、読んで良かったな。

村上春樹に「ありえねえ」と言わせた作品

居酒屋で密議をこらす青年モリスと恋人ヴァンダ。ルイ14世に対する謀反の計画に騎士達が集結。罠に堕ちたモリスの運命は…。

昔の小説だけど、めちゃくちゃオモロい…!
村上春樹は「ありえねえパワー」と絶賛

「10ページに一回くらいのペースで『おいおい、まさか、こんな偶然があるわけないだろ』みたいな都合の良い巡り合わせが続出」

「かなり分厚い本なのだけど、『こんなのありえねえ!』と感嘆しながら、あっという間に読み終えてしまう。お奨めです」

1 2





kahukahukahukaさん

エンタメ中心にまとめる所存ですっっ