1. まとめトップ

Windows10で「PDF-XChange Viewer」を常に標準で使いたい!

Windows7からWindows10へアップグレードでの覚書。Windows7で使用していたアプリ(ソフト)で、ちょっと設定が必要だったものをまとめます。今回は「PDF-XChange Viewer」について

更新日: 2016年07月29日

1 お気に入り 7415 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Windows10で「PDF-XChange Viewer」を標準で使いたい!

Windows10へアップグレードした直後、
PDFファイルを開くと、
「Microsoft Edge」でデータが開かれます。

「PDF-XChange Viewer」で開くには設定が必要です!

PDFファイルを右クリック。
プログラムから開くを選択。
その中から「PDF-XChange Viewer」を選択して開くと、「PDF-XChange Viewer」で開くことができます。
しかし・・・。

「PDF-XChange Viewer」で開いたPDFを閉じると、

『このアプリケーションを既定のPDFビューアにしますか?「はい」「いいえ」』

という、ポップアップが表示されます。
ここで「はい」を選択するのですが、
「PDF-XChange Viewer」が既定のPDFビューアにならない!
そんな時は・・・。

左側の「名前」一覧の中から『.PDF』という名前を探してください。

ここが標準では「Microsoft Edge」になっているので、
アイコンをクリックすると、
パソコンにインストールされているPDFが開けるソフトの一覧が登場!
その中に「PDF-XChange Viewer」があります。
※「PDF-XChange Viewer」をインストールしている場合。
「PDF-XChange Viewer」を既定として選択します。
※アイコンが変わります!

ここまでで、設定完了となります!

ここまでの設定をすれば、以降は、どんなPDFファイルも「PDF-XChange Viewer」で開けることができます!

★★★設定完了!お疲れ様でした!★★★

1