1. まとめトップ

那須クレーン教習所まとめ

栃木労働局長登録教習機関那須クレーン教習所の情報まとめ

更新日: 2016年07月29日

seishirou33さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 657 view
お気に入り追加

栃木労働局長登録教習機関 那須クレーン教習所

那須クレーン教習所の合宿免許

普通、免許を取る際には教習所に通って免許を取ることになるのですが、これだと1ヵ月~3ヵ月程度の時間がかかってしまいます。時間が無い人や早く免許を取りたいという人にとっては、かなり不便です。そのような人のために存在するのが合宿免許です。

合宿免許は宿舎に泊まりながら、集中的に学科や教習などを受けて、短期間での免許の取得を目指します。最短が、ATだと13日、MTだと15日で取得することができるのです。教習所に比べればかなりの差が出てきます。これだけ期間の差が出てくるのは、普通の教習所は多くの生徒がいるため、1日で多くの時間、授業を受けることができないためです。

合宿免許であれば、合宿をする人数は決まっていますので、その生徒たちのためだけに授業を行うことができ、効率よく学科や教習に時間を当てることができます。

卒業したら、運転免許センターで学科試験と適性検査を受け、合格すれば免許取得、という流れです。

那須クレーン教習所ののメリット

合宿免許のメリットといえば、まずはクレーン資格取得までのスピードです。やはり普通の教習所でかかる期間とまったく違います。クレーン資格取得を急いでいる人ほど、合宿免許で免許を取得したほうが良いです。

合宿免許では、同じ境遇の仲間がいるというのも大きなメリットとなります。そこで出会った仲間と卒業してからも会うという人が多いですし、同じ目標に向かって頑張る仲間がすぐ側にいればモチベーションも上がるものです。

他にも、教習所特有の煩わしさがないというのもメリットだといえます。例えば、教習所では次の実技の予約が取れず、延々とキャンセル待ちをすることもあるものです。合宿免許であれば、あらかじめスケジュールが決まってしますし、そもそも講師を予約する必要がありません。そのため、スケジュール調整などを行わなくて良いというメリットが合宿免許にはあります。"

入校時に必要なもの

まず絶対に必要なものは、入校に必要な書類です。身分証明や住民票、印鑑のような指示されたものとなりますが、これを持っていなければ入校自体ができないこともあるため、必ず持っていくようにしましょう。

勉強のために行くわけですから、そのための準備も必要です。様々な場所に教科書や用紙などを持ち歩くことになるため、カバンやクリアファイルなどは持っていくようにしましょう。当然、筆記用具もです。マークシートの試験になるため、できれば鉛筆も持っていったほうが良いです。

日用品に関しては、旅行の際に持って行くものを思い浮かべ用意しましょう。歯ブラシやヘアブラシ、化粧品、携帯の充電器、ヒゲ剃りなどです。タオルやバスタオル、シャンプーなどは基本的に用意してもらえるものですが、肌に合わないものを使いたくないという人は自分専用の物を持っていくようにしましょう。
また、コンタクトをしている人は必ず洗浄液などを忘れないようにしましょう。忘れてしまうと、免許取得に影響が出てきてしまいます。めがねの人は当然、めがねを忘れないように注意してください。

他にも、耳かきや爪きりなども持っていったほうが良いです。意外と、そのような場にいると気になってくるものです。また冬場は、カイロなどのような体を温めるものを持っていきましょう。寒がりな人は、マフラーや靴下を余計に持っていったほうが良いです。携帯ゲームなどのように、個人個人で持っていきたいものもあるはずですので、そのようなものはリストにまとめておき、忘れないようにしておきましょう。"

1





seishirou33さん

20代の頃、自動車学校に努めておりましたので、その時の知識を役立てたまとめページを作成出来ればと思います。