1. まとめトップ

若い人にも聴いてほしい…! 夏を感じる、昭和のヒット曲集めてみた

最近のJPOPからは季節感ってものがすっかり消え去ってしまった気がします。

更新日: 2018年08月14日

2 お気に入り 6147 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Cabodarocaさん

「昔はこうだった…」なんてことを言い出すおじちゃんおばちゃんにだけは絶対なるまいと思っていましたが、最近のJPOPのパサパサ感を横目で見てるとなんだかもうね…
きっとしっかり探せば、質の高いJPOPって今もいっぱいあると思うんです。でも昔はテレビやラジオをぼーっと流しているだけでもいい曲に沢山出会えたところが、今とは決定的に違うんじゃないかな。ヒット曲にいい曲がないから、好きな曲に出会いたかったら探すしかない。でもそれって同年代であまり共有できてないってことですよね。
昔のキラキラした日本の歌謡曲やニューミュージックwwww (個人的にJPOPって言葉を使いだしてからあんまり良くなくなった気がするんですが…偏見?笑)またこんな素敵な曲が日本のTVやラジオから流れてきてほしいなという気持ちをこめて懐古的なまとめを作ってみました。

山下達郎、ユーミン、サザンは季語。山下達郎は夏・冬、ユーミンは冬、サザンは夏の季語。

そっかー、達郎とサザンって俳句の夏の季語にまでなってるんですね…世代的にもうこの辺がドンピシャです。
サザンの動画ってほんと探せなくて、ご紹介したい曲がいっぱいあるんですが残念…個人的にはサザンは「Kamakura」までが好きです。

達郎の夏歌はとにかくたくさんありすぎて、どれをご紹介しようか悩みますが、まずこれはハズせないかなー。

どうしてもこれが聞きたくなってずっと聞いてるもう夏だね夏なんだね山下達郎流してドライブで海へ行きたいトレンディーな夏したい youtu.be/G_oQXFWambc

ライド・オン・タイム 山下達郎

山下達郎畢生の名作「For You」が鈴木英人の絵画で堪能できる素晴らしい動画。このアルバムはどれだけ多くの人々の夏の思い出を引き受けてきたのか…… youtu.be/6No_qVPhY_s

80年代のイメージというと達郎のアルバムの鈴木英人さんのイラストを思い浮かべる人も多いはず。

カウンターにこれがあるだけでこの店好きになるからずるい #大瀧詠一 #ロングバケーション pic.twitter.com/v6cjKq2QXo

達郎が鈴木英人なら大瀧詠一は永井博さんのイラストがシンボルですよね。私もナイアガラソングブックのレコードジャケットを部屋に飾ってました。ジャケットのイラストはロンバケよりソングブックの方が好きだったんで。

キリン「生茶」、アサヒ「缶チューハイすらっと」、サントリー「金麦オフ」…。普通、イメージが定着してしまうのため、ライバルメーカーが使用した曲を他社が再度、しかも3度も採用するなんてありえないんだけど、この曲は別格ということなんだね、「君は天然色」。#大瀧詠一#松本隆

そっか、なんかいっつもCMで聴くような気がしてたけど、同じ企業じゃなかったんだ。恐るべし天然色効果…

大瀧詠一・山下達郎・伊藤銀次の三人による「ナイアガラ・トライアングルvol.1」を経て、佐野元春・杉真理とコラボした「ナイアガラ・トライアングルvol.2」の収録曲。
ロンバケに入ってたんじゃなかったっけ?といつも勘違いするくらい夏っぽい曲です。

ロンバケがヒット中だった1981年7月に、新宿ルイードにて大滝さんがステージ上で佐野元春さんと杉真理さんに「ナイアガラトライアングル2をやらないかい?」と聞いたステージ上での大滝さんを捉えた写真。 pic.twitter.com/ntOaya4tkv

ナイアガラ・トライアングルvol.2.より。
大瀧さん以外あとの二人はよく知らなかったのに買ってしまったアルバム。でもそれが大当たりで、このアルバムで杉真理と佐野元春も大好きになりました。青春時代に聴いておいてよかったと思えるアルバムのうちの一つです。

大滝詠一の「ナイアガラトライアングル」と「ロングバケーション」がブレイクし、江口寿史の「ひのまる劇場」と「ひばりくん」の始まった81年が日本のポップ元年やで。

そうそう、ナイアガラといえば江口寿史の漫画とも強烈に結びついています。

ナイアガラトライアングルの一員になってたかも知れなかったなんて今まで知りませんでした。大ヒットはこの一曲だけだったけど、他にもいろいろいい曲あったなあ。もっと売れて欲しかった人の一人。

#Nowplaying 『ペガサスの朝』五十嵐浩晃。この曲がヒットしたおかげで彼はナイアガラトライアングルに入り損ねた。

ナイアガラトライアングルVol.2で、確かまだ知名度もうひとつだった杉が呼ばれたことに関連して、当時売れていた五十嵐浩晃(因みに主な編曲者は鈴木茂)などは「何というか不良性みたいなものを感じないから(呼ばなかった)」と、何かのインタビューで大滝詠一が言ってたのを読んだ。

ユーミンのラジオ番組に長崎・五島列島の女子高生から「 私の学校には校歌がありません。ユーミン、私の学校の校歌を作って」という手紙が届き、それに応えてユーミンが書いた曲。 NHKみんなのうたでも流れていました。

小学生の自分には大人なコーラスグループって感じでした。でもいい曲が多かったなー。

こちらは男女4人。カネボウのCM曲でした。

久保田早紀といえば異邦人が一番に出てきますが、そのイメージが強すぎて他にヒットが出なかったのかな…もっと売れて欲しかった人の一人。この曲はキリンオレンジのCMに使われて、それまで結構長くチャートで名前を見なかったのですごく嬉しかったの覚えてます。

オレンジ・エアメール・スペシャル  久保田早紀 youtu.be/44Ffpj8KSFA キリンCM三部作(勝手につけたけど) 異邦人より好き 曲調が明るくてさわやか キリンCM youtu.be/5HzYYP4oL3Y

1 2