1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

あなたの周りにはいる?部下に嫌われる「ダメ上司」の7つの特徴!

絶対に一緒に働きたくない「ダメ上司」の特徴をまとめました。あなたの会社には当てはまる人がいますか?

更新日: 2016年07月30日

kumada90さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
184 お気に入り 100650 view
お気に入り追加

社会人は「誰と働くか」が重要!

社会人は学校と異なり、定められたカリキュラムを行うわけではありません。したがって、「どこで働くか」、もっと言えば「誰と働くか」は、成長のスピードと大きな関連があります。

中小企業に入社したとしても、良い人のもとで働けば大きく成長できますし、一流企業に入ったとしても共に働く人々、とくに上司の力量が低ければ、成長のスピードはどうしても押さえられてしまいます。

ダメな上司の下で働くことになると...

最近の研究によると、職場で上司から受けるストレスはプライベートな生活にも影響することがわかりました

職場でのストレスは、あなただけでなく、家族や友人をも間接的に傷つけてしまうのです

ダメ上司の5つの特徴

あなたの周りに当てはまる人はいませんか?

1.決断力がない

ダメな上司と言われる人は共通してハッキリとした答えやアドバイスを与えてはくれないものです。それどころか酷いケースになると、質問や相談に対してまともな反応すらしない上司もいます。

2.部下のことを信頼できない

部下を信頼して、部下を適材適所に配置して、うまく人をつかうことが出来る人こと上司としての器がある人とされています。また、部下に仕事を任せないと、その上司のもとでは誰も育たないということになってしまいます。

3.えこひいきをして正当な評価をしない

適切な評価ができないのは、悪い上司の典型。部下は当然その評価に疑問を持ち、モチベーションが下がります。

上司も人ですから、人の好き嫌いや偏った考え方を持っている場合もあり得ます。しかし、人のうえに立つという仕事をしている限り、個人的なバイアスで部下を判断するのはよくありません。

4.感情的になってすぐ怒る

ダメな上司は、怒りの感情に流され、叱るというより怒る。

「怒る」というのは感情的に相手を責めること。これでは部下はただ萎縮してしまうだけです。

5.長時間労働を強制させる

部下がどんなに正当な理由で残業を断ろうとしても、部下の理由に対し「嘘をつくな、仕事をサボる口実だろう」と勝手に決めつけてしまい、結局残業を強要してしまう上司もいます。

スタンフォード大学のJohn Pencavel教授によると、週に50時間以上仕事をすると生産性が落ちると言います。

1 2





kumada90さん

見ていただいた方の役に立つまとめを意識して作っています
取り上げるテーマは日々のニュースについてが多いです