1. まとめトップ

その場の空気さえ変えてしまう「存在感のある人」の特徴

周囲に一目置かれ、姿を見せるだけでその場の空気を変えることさえできてしまう人たち。そんな存在感のある人たちは地位や名誉、年齢に関係ないわけですが、そんな人たちに共通する特徴とは?

更新日: 2018年10月14日

8 お気に入り 40102 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■存在感がある人の特徴

◦話は言い切りで終わらせる
◦頼りになる
◦自分の意見をはっきりと言える
◦堂々としている
◦声が大きく積極性がある
◦外見にインパクトがある

■存在感がある人に共通する「10の特徴」

01. 存在感がある人は、自信がある

存在感がある人は、自信があって堂々としています。はっきりと説得力のある調子で話し、プレッシャーがかかる場面でも明瞭な思考力を保てます。自分の責任をしっかりと認識し、結果に対して責任を持ちます。常に自分自身であることができます。自分のクオリティを信じているからです。

02. コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高いことも、存在感がある人の特徴でしょう。周囲の人が何を考えているのかを把握してリーダーシップを取るのに、コミュニケーションスキルは欠かせません。黙っていながらにして存在感を発揮できるというのは幻想です。それはどちらかというと「威圧感」という似ているようでまったく違うネガティブな印象に繋がります。

03. ここぞというときにいいことを言う

存在感がある人は、状況観察能力に優れています。また聞き上手でもあります。不必要に口を挟まず、じっくりと人の話を聞きます。そうすることで話の要点をしっかりつかみ、相手やその状況が何を必要としているのかを見抜きます。例えば会議が煮詰まったときなどに、いつも全員がはっとさせられるような発言をする人はいませんか? その人はみんなに一目置かれているはずです。

04. いつでもリラックスしている

存在感がある人は、ゆっくりと落ち着いた声で話します。せかせかしている人は「存在感がある」とは言えません。せかせかしている人は自信がなさそうに見えてしまうからです。これは一重に印象の問題なので、本当の自信の有無については分かりませんが、存在感がある人はいつもリラックスして落ち着いて見えるものです。

05. 存在感がある人は、言動が一致している

言っていることとやっていることがいつも違うようでは、周囲の信頼を得ることはできません。信頼されないということは、周りの人から軽視されてしまうということです。 存在感がある人は言行一致を心がけ、そのために他の人から信頼されています。

06. 人と違った考え方ができる

存在感がある人は、発想が柔軟です。決まったやり方の強制を嫌い、いつも何か革新的なことができないかを探しています。従来とはひと味違ったことを成し遂げられるため、周囲の人から重要な存在と見なされます。これはクライアントの獲得や昇進に大きく関わってくる特徴です。

07. 教養と知識に裏付けられた発言

存在感のある人の言葉には、知識と教養に裏打ちされた重みがあります。一冊も本を読まない人、世界の歴史や時事問題に疎い人が何かについて意見を言っても、それを聞きたい人などいるでしょうか? 頭の回転が早い必要はないのです。存在感のある人は、教養と知識を高めるため、常にアンテナを張っています。

08. 存在感がある人は、謙虚でミステリアス

存在感のある人は、不必要な自慢話をしたり、傲慢に振る舞ったりはしません。そんなことをしてもセルフイメージには何の特にもならないことを知っているためです。謙虚な姿勢はミステリアスさを作り出します。誰しもミステリアスな人には興味を持ちやすいものです。周囲の人の興味をひくミステリアスさも、存在感のある人の特徴と言えます。

09. 何となく個性的な雰囲気がある

存在感がある人には、どこか個性的な雰囲気があります。奇抜な外見をしている場合もありますが、ぱっと見は他の人と違ったところはなくても、何か面白いことを考えていそうな人だ、という印象を与えます。スティーブ・ジョブスはシンプルな黒い服ばかりを好んで着ましたが、それでもものすごい存在感がありますよね。例えジョブスの業績を知らない人が彼を見ても、「この人は何か違う」という印象を与えるに違いません。

10. 存在感がある人は、立ち姿がきれい

表面的なことのように聞こえますが、とても大事なのが「立ち姿がきれい」という特徴です。猫背では自信がないように見えますし、閉鎖的な印象を受けます。実際にはそうでなかったとしても、存在感とは結局印象に左右されやすいものです。 実際に、存在感がある人を眺めてみてください。堂々と背筋を伸ばした立ち姿をしている人がほとんどだと思います。 一夜にして「存在感がある人」になることはできません。しかし毎日の行動を振り返ってみると、存在感がある人になれるチャンスは結構あるものです。例えば背筋をしゃんと伸ばして、言動を一致させることは、特に投資をしなくてもできるはず。存在感がある人を目指して、大きな一歩を踏み出しましょう!

・貫禄がある

貫禄のある人は、威厳をもち堂々としている為、そばに近寄るだけでも存在感を感じます。例えば、会社プレゼンしている時などに貫禄な人がいると、緊張してしまいます。そういった人は貫禄がある人です。

■存在感のある人の特徴

存在感のある人は、自分に自信がある

存在感のある人は、自分に自信があり堂々としています。状況観察能力に優れているので、説得力のある感じで話すことが出来ます。自分のことを信じているので、プレッシャーの掛かる場面でも責任を認識する事が出来、結果を出す事が出来ます。要するに、どの様な時でも自分自身であることが出来るのです。

また自分の意見に自信があるので、聞き上手でもあり、不必要に口を挟んで人の話の腰を折ったりせず、人の話をよく聞きます。そうすることによって、話の要点を掴み、相手や現在の状況が何を求めているのかを見抜きます。そのような人は皆から一目置かれてる存在であるはずです。

存在感がある人は、落ち着いてみえる

存在感のある人は、落ち着いたトーンの声で話します。行動がせわしくて落ち着きが無くて、早口で話をする人は自信がなさそうに見えてしまい器が小さく見えてしまいます。これは第一印象にも関係していて、一度ついた印象はなかなか変わりません。本当に落ち着いているのかは別として、存在感がある人はリラックスして落ち着いてみえます。

そして、コミュニケーション能力も高いので、周りの人が考えている事を把握することが得意です。ですから、リーダーシップを取ることにも向いているといえます。黙っているのに、何故か存在感を発揮している人というのは「威圧感」であって「存在感」とは全く違います。「威圧感」は字の如く、威圧するような感覚や、圧倒されるような感覚のことをいい「存在感」とは似ているようでまったく違うネガティブなイメージになります。

存在感のある人は、知識と教養がある

時として、存在感のある人の言葉は重みがあります。それは、知識と教養に裏づけされたものです。世界の出来事や時事問題に疎い人、全く読書をしない人が、重要な決め事の時に意見を述べたとしても、その言葉を重要視する人は少ないでしょう。

「存在感」に必要なのは、頭の回転の早さよりも柔軟な発想です。従来の方法よりも新しいことが出来ないか考え、一味違ったことを達成出来るので、周りの人から重要な存在とみられます。存在感のある人は、知識と教養を更に高める為に、いつも広くアンテナを張っています。

■なぜ「オーラがある人」は空気で人を動かせるのか?彼らの特徴について

人目を惹く雰囲気=「華」がある

その人がただそこにいるだけで、なんとなくパッと場が明るくなったり、人目を惹く人っていますよね。オーラがある人は必ずといっていい程、そんな不思議な存在感を持っています。

それは外見とは全く関係のないもので、生まれつきの資質であることが多いのです。

「華」がある人は自然体にしていても、たとえ見た目が地味でも人目を惹きます。誰の真似でもない、その人にしかない独自の魅力的なオーラを感じる人は「華」のある人といえるでしょう。

「華」は後天的に身につけられるのか?と問われれば答えはYESです。人目を気にすることなく一生懸命努力し、他人のためにも頑張ることができる。そして自己演出能力が抜群な人。

そのような人は自然に「華」が備わってくるのです。

自分に自信を持っている

ここでいう「自信」とは、ただ堂々としているように見せることではありません。オーラがある人持つその圧倒的な存在感は、「本物の自信」によるものなのです。

本物の自信というのは、何事にも過信して偉ぶることなく卑屈になることもなく、常に自然体で中庸の状態でいることができるということです。

そして常に心穏やかでゆとりがあり、どんな自分も肯定することができるポジティブな人。そんな人こそが、本物の自信がある人といえるでしょう。

オーラがある人が堂々としているように見えるのは、ありのままの自分に自信を持っているからなのです。

明るく感情表現が豊か

オーラがある人は心にゆとりがあるため、いつも他人に笑顔を向けることができ、周りの人を包み込むような明るい雰囲気を持っています。そしてめったに腹を立てず、細かいことは気にしない大らかさも持ち合わせています。

そして特徴的なのが、目が輝き澄んでいるということです。「目は口ほどにものを言う」といわれるほど目の輝きは感情表現する上で重要なもので、純粋な心がそのまま目にあらわれているのです。

人を惹きつけるものの正体はこの純粋でまっすぐな心なのかもしれません。

オーラがある人の明るさは、ただ単純にテンションが高い見せかけの明るさではなく、言葉数は多くなくてもその場にいる人の心を和ませてくれる自然な明るさなのです。

ゆっくりはっきりとした話し方

オーラがある人は、例外なくゆっくりとはっきりした話し方をしています。そして声色はとても落ち着いた声色を持っており、聞き取りやすい張りのある声なのです。

あなたがオーラを感じる人の声を一度チェックしてみてください。好きな芸能人でも良いですし、周りにいるオーラがあると感じる人でも良いでしょう。

その人は、とてもあたたかみがあり、そして明瞭で安心感を与えるゆっくりとした話し方をしていませんか?それはその人の生き方からにじみ出るものであり、豊かな経験に基づくものなのです。

オーラがある人の話には説得力があり、話しているととても共感して感動すらしてしまうのはそういう理由からなのですね。

一生懸命で抜群の集中力がある

オーラがある人は、ここ一番という時の集中力が抜群です。常に自分のしたいことや目標に向かって邁進しているため雑念がなく、エネルギーを必要なところに集中させる能力が高いのです。

有名な芸術家やアスリート、芸能人なんかは一瞬一瞬にどれだけ集中力を高められるかが勝負の世界です。

ですので、ひとつのことに一生懸命で高い集中力を保つ必要があるのです。そのためには、雑念や執着心を取り除く必要があるのです。オーラのある人にネガティブなエネルギーを感じないのは、そんな精神性を高める訓練を日々重ねているからなのですね。

■存在感のある人にあるオーラ その特徴

豊かな経験と実績を備えてる

オーラのある人には豊かな経験と実績を備えています。何かを成し遂げた人たちは、陰で可なりの努力を積み重ね、色々な経験をして、人間的に厚みが増して、凛とした姿勢の姿で、人と接しているので、人間としての余裕が出ています。

決断が早く行動力がある

オーラのある人は決断が早く、行動力のある人が多いです。この決断は色々な経験から、努力して積み上げたものからできるもので、無鉄砲な決断をするのとは訳が違います。

そして決断したら、どの様な困難にも負けない強さを秘めています。1つ1つの苦労は並大抵の行動を伴うものですが、しかし目標に向かうその姿勢は、困難も困難と思わない何かしら秘めた強さを持っています。

自立心が旺盛

オーラのある人は、人を頼りません。自立心が旺盛で、仕事などでもどの様な困難が待ち受けようとも、自分で考え、自分で決断して、人に左右されることはありません。

そしてそれがたとえ失敗に終わったとしても、決して人の性にはしません。自己分析の出来る自分を、客観的に見つめられる性格ですから、失敗した原因を見つめて、前向きに対処していきます。

1