1. まとめトップ

東京都知事に小池百合子氏=女性初、増田寛也・鳥越俊太郎氏に大差

舛添要一前知事の辞職に伴う東京都知事選が2016年7月31日投開票され、無所属で新人の小池百合子元防衛相が、増田寛也元総務相=自民、公明、こころ推薦=、野党4党統一候補でジャーナリストの鳥越俊太郎氏=民進、共産、社民、生活推薦=ら無所属や諸派の新人20人を破り、初当選を果たした。

更新日: 2016年08月01日

1 お気に入り 278 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

孔明0530さん

初の女性都知事として、混乱した都政の立て直しに取り組むとともに、2020年東京五輪・パラリンピックの開催準備を急ぐ。

確定投票率は59.73%(前回46.14%)だった。

小池氏は自民党前衆院議員で、同党の制止を振り切って出馬。政党や組織に頼らない「しがらみのなさ」を前面に打ち出し、増田、鳥越両氏との三つどもえの争いを制した。与党は2016年7月10日の参院選で大勝した直後に水を差された格好だ。野党側は「保守分裂」の好機を生かせず、民進党では共闘路線の反対派が勢いを増す可能性がある。

小池氏は豊島区内の事務所で、都議会との関係について「都民のために何をすべきなのかを最優先に考え、政策の実現のために連携を取りたい。ただ混乱というのではなく、都民優先で考えれば、おのずと答えが出てくる」と述べた。

今回の都知事選には過去最多の21人が立候補。選挙戦では舛添氏、その前任の猪瀬直樹氏と2代続けて都知事が政治とカネの問題で辞職したのを受け、知事の資質やクリーンさがテーマとなった。政策面では、待機児童の解消や東京五輪への対応などが論点となった。

東京都知事選当選者略歴

出典kwout.com

小池 百合子氏(こいけ・ゆりこ)カイロ大文卒。ニュースキャスターなどを経て92年参院議員に初当選。93年衆院議員にくら替えし、環境相や防衛相を歴任。都知事選出馬に伴い連続8期目の衆院議員を失職。64歳。兵庫県出身。当選1回。

1