1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

シン・ゴジラを観たら知りたい…ゴジラの世界観を演出した作曲家伊福部昭

7月29日、ついに映画「シン・ゴジラ」が公開されました。実に12年ぶりとなる和製ゴジラ映画ということもあり、多くの人々が劇場に駆けつけているようです。そんな中、同作でも使用されている伊福部昭氏の楽曲が再び注目を集めているようです。日本が世界に誇る伝説的作曲家についてまとめてみました。

更新日: 2016年08月02日

35 お気に入り 35117 view
お気に入り追加

7月29日に公開された「シン・ゴジラ」が高い評価を受けている

7月29日に封切られた映画「シン・ゴジラ」が高い評価を受けているようです。原点回帰を志向したその内容は賛否両論を集めつつも、新たな切り口のゴジラ映画としてこの夏の映画シーンを代表する作品となりそうです。

ところで、「シン・ゴジラ」の内容が称賛される一方で、ゴジラ映画には欠かせないあの音楽も話題になっています。伊福部昭氏によって作曲された数々のテーマソングです。「シン・ゴジラ」でも劇中で使用されている伊福部サウンドに、往年のゴジラファン達はあらためて深い感銘を受けているようです。

そこで、このあまりに有名すぎる曲を手掛けた伝説の作曲家、伊福部昭氏について簡単にまとめてみました。

SNSをはじめネット上での評判はかなり高いように見受けられ、あの辛口サイト『超映画批評』も90点という邦画では異例の高得点をつけたりしている。

ネットでは劇中で使用されたあの音楽が話題に

シンゴジラ、何が1番良かったって、エンドロールの伊福部昭メドレーだよ

シンゴジラを観て改めて感じたのはやっぱりゴジラには伊福部サウンドが不可欠だという事。ギャレゴジも普通に好きなんだけど伊福部昭のゴジラのテーマが無いと物足りない。

「シン・ゴジラ」個人的に不安要素であった伊福部昭氏の劇伴の挿入だが、素晴らしい選曲、絶妙なタイミングで違和感なく作品に溶け込んでいたと思う そして、エンディングは反則ですw(良い意味で) というか、オープニングから大反則ですw(凄く良い意味で)

そう…ゴジラといったらやはりこの音楽だ

ベートーベンの「運命」や「第九」と同じくらい、日本人の誰もが知っている日本人作曲家による交響曲が存在します。

そのメロディを聴けばだれもが「あぁ!そうだね、知っている。」と納得してくれるこの曲。言わずと知れた映画「ゴジラ」のテーマ曲です。

ゴジラの世界観を演出した伝説の作曲家伊福部昭

おそらく日本人であれば一度は聴いたことがあるであろう「ドシラ、ドシラ、ドシラソラシ…」の旋律。それが何の曲であるかを知らなくとも、どこかでは耳にしたことがあるはず。このあまりにも有名な曲を生み出したのが伊福部昭である。

海底から突如現れ、圧倒的な存在感を示す怪獣に、まとわりつくように響き渡る「ドシラ、ドシラ、ドシラソラシ」の旋律。

人間の性によって生まれてしまった怪獣の哀愁、あらゆる秩序と日常を破壊していくカタルシスは伊福部の音楽によって生まれたといって過言ではありません。

そのメロディーは土くさく、人生の営みの中で生まれる哀愁を具現化し、そのリズムはオスティナートによって破壊的なカタルシスを巻き起こします

※オスティナートとは同じ音形をひたすら繰り返す作曲テクニック

2014年版ゴジラのテーマを担当したアレクサンドル・デスプラも、ハリウッド版ゴジラの楽曲を作曲するにあたって、伊福部昭の手がけたゴジラのテーマ曲を大いに参考にしたと語っている。

伊福部昭とは一体どのような人物なのか

代表曲
「日本狂詩曲」
「シンフォニア・タプカーラ 」
「土俗的三連画」
「SF交響ファンタジー」
「リトミカ・オスティナータ」
「わんぱく王子の大蛇(おろち)退治」
「日本組曲」など

伊福部 昭(いふくべ あきら、1914年〈大正3年〉5月31日 - 2006年〈平成18年〉2月8日)は、日本を代表する作曲家。

東京音楽大学学長を経て、同民族音楽研究所所長。紫綬褒章受章。2006年2月8日、91歳で死去。

1914年に北海道釧路にて生まれ、若くしてその才覚を発揮

札幌二中(現札幌西高)の二年生の頃から同期の三浦淳史の勧めによって独学で作曲を始め、北大農学部林学実科在学中の19歳の時、最初の代表作「日本組曲(ピアノ組曲)」を作曲。

北海道帝国大学で林業を学ぶかたわら、旺盛な作曲・演奏活動を行い、エリック・サティなど、当時の日本でほとんど取り上げられることのなかった作曲家の作品を国内初演した。

地方林務官として厚岸に赴任した21歳の時には最初の管弦楽曲「日本狂詩曲」が国内の音楽界を跳び越えパリでチェレプニン賞を受賞するという快挙を成し遂げ、若くしてその名を広く知られるように

生涯を通し、その独特の音楽的世界観を貫いた

1 2





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう