IOと同様に英語を織り交ぜたシティボーイらしい独特のワードセンス、一度聴いたら耳に残る声とメロディラインが特徴。フック(サビ)を担当する曲も多いです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

要注目のラッパー!KANDYTOWN,BCDMG所属のYOUNG JUJUについて

2016年の日本のHIPHOPを代表するクルーKANDYTOWN所属のアーティストYOUNG JUJUについてのまとめです。

このまとめを見る