1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「めちゃイケ」で大反響!カラーボトルの名曲「10年20年」が話題に

めちゃイケで大反響を起こした話題殺到のカラーボトル。名曲「10年20年」が今フューチャーされている。

更新日: 2016年08月01日

northworldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 21622 view
お気に入り追加

カラーボトルの名曲「10年20年」が今話題に

7月30日(土)に放送されたフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」にて、3人組ロックバンド・カラーボトルの楽曲が使用され、大反響を呼んでいる。

今年最高タイの11.9%の視聴率を獲得した番組の終盤に、初共演の新メンバーたちが山本に対してひと言ずつ言葉をかけている場面から、カラーボトルの「10年20年」がBGMとして流された。

「10年、20年って曲は誰の曲?」と楽曲を調べる人や「10年20年が流れてる! 感動的過ぎる!」と次々に投稿され一時“カラーボトル”がトレンド入りをも果たし、YouTubeの再生回数も爆発的に増加。さらに、歌詞サイト、配信サイトの各ランキングでも軒並み急上昇、問い合わせも殺到した。

その話題の曲がコチラ

「10年20年」は2008年にカラーボトルがリリースしたシングルで、アルバム『ぐっと・ミュージック』、ベストアルバム『THE BEST 2004 – 2013』にも収録されているカラーボトルの名曲。ライブでも定番の楽曲だ。

前向きなバンドサウンドと“10年20年経って 肩組んで 笑っていたいな 10年20年経って 泣いていても まあいいかな”という歌詞が番組内容とフィットしたことでYouTubeの再生回数や歌詞サイト、配信サイトの各ランキングが急上昇。再度話題となった。

仙台出身のバンド #カラーボトル の「10年20年」が注目度急上昇だってね♪ 理由は極楽とんぼ。フルで2回も流れたんだね! youtube.com/watch?v=mEHq9c… 音楽の力をあらためて実感しちゃったな。そしてカラーボトルのパッションは本物!! 誰かの人生を全力で応援中!!

カラーボトルの10年20年の記事見たけどさ、山本が復帰するまで10年、めちゃイケが20周年で極楽とんぼのためにあるような曲やな!

めちゃイケの録画見て嬉しくて泣いた。流行り廃りじゃなくて、やはりいいモノはいい。って証明してくれました。 「頑張っても駄目ならしょうがないなんて言わないで 駄目なら意味もないよと君に言い切って欲しい」 youtu.be/mEHq9cnNC5U

めちゃイケ、全部見れた! まさかの10年20年! 現場でも泣いたけど、放送見ても泣いてしまった! あと、オレめちゃイケ出たー!(^^)

めちゃいけ見てたらカラーボトルさんの10年20年が流れてて嬉しくなった( ´ ▽ ` )ノ

常に全力で音楽と向き合い、オーディエンスと対峙するバンド

竹森マサユキ(Vo./G.)
渡辺アキラ(G.)
大川 "Z" 純司(Dr.)

カラーボトル (color bottle) は、仙台出身の3人組ロックバンド。2004年結成。2007年、ドリーミュージックからメジャーデビュー。

2012年2月にはアルバム「COLOR BOTTLE」を発表し、2013年1月にはアルバム「生きる」をリリース。竹森の絞り出すような歌声が、多くのロックファンの支持を受けている。

実は隠れた名曲がたくさん

「情熱のうた」は、現在のバンドの軸となる方向性が見えたカラーボトルにとって重要な代表作となる。

あふれ出すアツい叫びはロック以外のなんと呼ぼうか。自分の心の声に正直に、リスナーにまっすぐにぶつかっている。かっこ悪い自分を認めたからこそ、がむしゃらに壁に立ち向かい、それがカッコいいと自らの姿を持ってして伝えてくれる。

TLを見ていたらカラーボトルの「情熱のうた」が聴きたくなりました(あまのじゃく)

カラーボトルは10年20年もいいけど、情熱のうたも好き♪みなさん聴いてみて\(^o^)/

5年ぶりくらいにずっとカラーボトル聴いてる(笑)とくに、情熱のうた(笑)

この『走る人』は「自分を信じて走り出せ!」という前向きなメッセージソング。

この曲は間寛平さんのアースマラソンでの走る姿に感動し、タイトルの通り走る人をテーマにしているそうです。

昨日から何回聞いてるんだろうか カラーボトル「走る人」

アクトスマラソン2016のCMでカラーボトルの『走る人』が流れた♬ もしかして今年はカラーボトルが来る⁈ また一緒に走れるチャンスがあるのかな??

1 2





northworldさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう