1. まとめトップ

ブラック部活の深い闇 前園真聖氏は「これくらい普通」と異論か?

ブラック部活の悲惨な実態を知っていますか? 「死ね!」「お前のせいで負けたんだよ!」ひどい暴言を浴びせられ、長時間の拘束…。」。「殴る」「蹴る」の体罰なら随分、前からありました。 しかし!今、新たなひどい指導法が横行しています。部活をやめたくても、やめられない子どもたち。背景にはいったい何が?

更新日: 2018年08月22日

1 お気に入り 35898 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

toto-bigさん

■NHKクローズアップ現代+ ブラック部活の深い闇 「死ね」これも指導? 逃げ場を失う子供たち

「死ね、消えろ!」「バカ面しやがって!」。 今、中学校や高校の部活動の現場で、暴言を浴びせる・何日も無視するといった、顧問から生徒へのハラスメントが深刻化している。部活動の体罰見直しの機運は年々広がる一方で、部活動自体は過熱、体罰によらない理不尽なハラスメント行為が増えていることがわかった。“健全な心と身体”や“自主性”などを養う場であるはずの部活動の現場で、いま何が起きているのか。元プロ陸上選手の為末大さんをゲストに迎え、広がる「部活ハラスメント」の実態に迫る。

8/1 (月)22:00 ~ 22:25NHK総合
司会:久保田祐佳 ゲスト:為末大

●今夜の見どころ● 【久保田キャスター】 中・高時代、「何年何組の誰」というよりも「何部の誰」という方が時に重要なアイデンティティーだった気がします。部活で学ぶことが多くある一方で、生徒たちの切実な声からは、部活のあり方そのものを考えさせられます。今夜10時、どうぞご覧ください。

クロ現+[ブラック部活]まもなく放送! 部活動で「体罰禁止」への意識が高まる中、暴力とは違った新たな手法が、子どもや親を追い詰めています。背景には何が?なぜ辞められない?そして、我が子は大丈夫…? このあと10時です。 nhk.or.jp/gendai/article…

今夜のテーマは[ブラック部活]。 「昔の方がきつかった」「今の子は弱い」「嫌なら辞めれば」と思った大人の皆さん、今の子どもたちを取り巻く状況を知ったら、ゾッとすると思います… 夏休み、親子でみて話しあってほしい番組です。夜10時。 movie-s.nhk.or.jp/v/slwc2465

おはようございます。 [ブラック部活]の悲惨な実態を知っていますか? 「死ね!」「お前のせいで負けたんだよ!」ひどい暴言を浴びせられ、長時間の拘束…。今回、被害にあった子どもや親たちが、覚悟をもって語ってくれました。今夜10時です。 nhk.or.jp/gendai/article…

あすのクロ現+は「ブラック部活」。「殴る」「蹴る」の体罰なら随分、前からありました。 しかし!今、新たなひどい指導法が横行しています。部活をやめたくても、やめられない子どもたち。背景にはいったい何が…? 夜10時です。 nhk.or.jp/gendai/article…

今週も1週間おつかれさまでした! 来週月曜のクロ現+は、顧問からのハラスメントが深刻化する[ブラック部活]問題を取り上げます。 火水木はリオ五輪特集!スタジオに北島康介さんや澤穂希さんを招いて、国内外のスター選手たちの戦いに迫ります。 お楽しみに!

来週月曜は[ブラック部活]。 「死ね!」「バカ面しやがって!」…いま、暴言を浴びせる・何日も無視するなど、部活顧問からのハラスメント問題が深刻化しています。 現役&かつての中高生の皆さんの体験談も募集中。以下リンクにお寄せください! nhk.or.jp/gendai/form/?i…

■武井壮さん、ブラック部活に対して言及~時代の流れと部活動の変化~

武井壮さんが、厳しいシゴキや闇雲に練習量だけを増やす部活動(いわゆる「ブラック部活」)について言及しました。結論を言うと、武井壮さんはそういった部活動を否定し、「指導者の知識不足が原因」として、「一日、1時間でも30分でも良いから知識を学んでください」ということを指導者に訴えています。

■部活問題 対策プロジェクト

■学校の部活動に関連するアーカイブ一覧 - Yahoo!ニュース

■「ブラック部活顧問」問題から考える、教師ってナンだ?

小中学校の「ブラックな部活顧問」の業務状況が問題にされ始めている。
ただでさえ忙しく、勤務時間の長い教員が半ば強制的に部活動の顧問を担当し、平日の放課後だけでなく、土日も出勤して部活動の指導や引率にあたる現状を「ブラックな職場環境だ」と一部が声を上げたというのだ。

教員の労働環境を整備するのは重要だが、学校の本質を根っこに持たない議論は子どもたちを幸せにしない。部活顧問の強制がブラックだという問題ばかりを部分的に論じることは、いま学校や教員、もっといえば子どもたちが直面している本質的な悩みや課題に光を注ぐ具体的な行動にはならない。忙しすぎるというならば、通常の業務の見直しがまず先ではないか。なぜ、子どもたちと直接触れ合い、人間関係の温もりで子どもに情熱や知恵を注ぐべき小中学校の教員が書面づくりに追われるのか。放課後や週末、部活動に情熱をそそぐ英気を養う余裕を日常の勤務時間の中で確保する改善こそが本質だと考える。
このままだと、「学校自体がいらないのではないか」「子どもたちは学校以外の場所に通わせたほうがよほど人間的に豊かに育つのではないか」といった社会的な目覚めが起こり、学校そのものの存続が問われる可能性とつながっていることも認識する必要がある。

■ツイート

ニュースでブラック部活がなんちゃら~って流れててぽかーんってしたよ!!!時代だなぁ…今の部活はまだ甘い方だと思うけどなぁ…先生も何にもできないねぇ

最初にフューチャーされてるのが吹奏楽部で笑うwww 「死ね!バカ!」これが指導? ~広がる“ブラック部活”~ | NHK クローズアップ現代+ nhk.or.jp/gendai/article…

やめたくてもやめさせてくれない、長時間の拘束、ブラック部活wwwwwwwwwwwwwww

ブラック部活ってなに!?ブラック企業ブラックバイト今度はブラック部活!?日本はどこまでブラックになれば気がすむの!?

皆様、今日のクローズアップ現代のトピックに注目。 「ブラック部活」

ブラック部活wwwwwwww嫌ならやめろ。(笑)私も中学校の時ほんとに死ぬ思いでやってて、やめたいやめたいって思ってたけど、今になって思えば、本きて取り組んでよかったなぁと思うから

1 2