1. まとめトップ

【雑学】「セダン」はラテン語、「クーペ」はフランス語・・・乗り物の語源あれこれ

私たちは乗り物とともに生活していますが、人類の長い歴史から見れば、それは最近の数世紀の間に激変した現象の一つです。産業革命後、多種多様な乗り物が発明され、その名前の由来もさまざま。その一部をご紹介します。自由研究にもどうぞ。

更新日: 2017年08月04日

2 お気に入り 4984 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

il0veb00ksさん

産業革命後に始まった「移動の革命」。

それに続く20世紀にはーー

そんな急激な発展の中で、「乗り物を表す言葉」もまた大量に作られた。

乗り物の名前は、英語だけではなく、フランス語やイタリア語やラテン語に由来する場合もある。
インターネットとは違って、各国が開発競争でしのぎを削ってきたことが、その多言語ぶりにも表れている。

★★初級編★★

「オートモービル」という言葉もあり、これはフランス語で「オート」(自分で)「モビル」(動くことができる)という意味。

画像はキュニョーの蒸気自動車。http://info-usedtrucks.blogspot.jp/2012/04/blog-post_26.htmlより引用

現在のチェーンで後輪をまわすタイプの自転車は、1876年にイギリスのローソンが発明した。彼はこれをビシクレット(Bicyclette)と呼称。これがバイシクルの語源である。
ちなみに、自転車用の空気入りタイヤが発明されたのは、それから12年後の1888年だった。

★★公共の乗り物★★

画像は、大正2年(1913年)に東京を走った市バス。T型フォードの荷台を使って人を乗せた。
関東大震災で電車が壊滅的な打撃を受けたため、応急手段としてバスを導入。それから全国に普及していく。

トレーニングするという動詞としてもtrainという単語は用いられるが、「引っ張る」という原義が共通している。
人を導くのがトレーナー、人や荷物を運ぶ車両がトレインである。

trainを「電車」と訳すことがあるが、動力は電気に限定されない。つまり、蒸気機関であってもtrainと言う。

メトロという略称から発生した呼び方は、世界中に普及し、イタリア語やロシア語でもメトロという。

イギリスでは「チューブ」あるいは「アンダーグラウンド」、アメリカでは「サブウェイ」と呼んでいる。

リニアモーター(英: linear motor)とは、軸のない電気モーター(電動機)のこと。一般的なモーターが回転運動をするのに対し、リニアモーターは基本的に直線運動をする。
(略)
リニアとはモーターが発する運動の方向に由来しており、よく知られた回転式 (英: rotating) のモーターとは異なり、このモーターは直線的な(linear)方向に動力を発する。

★★乗用車の区分★★

セダンの名称は17世紀頃に南イタリアから広まった乗り物のセダンチェア(sedan chair、椅子かご)からである。ラテン語で「腰掛ける」の意味の sedeo, sedo が語源といわれている。ちなみに、セダンチェアの語源がフランスの町のスダンで作られたことに由来するといわれることがあるが、間違いである。

フランス語でまず先に「切られた馬車」を意味する「carrosse coupé」(カロッス・クペ)という表現があった(フランス語は、英語と異なり、基本的には形容詞は名詞の後ろに配置する[注 3])。カロッス・クペは1列の座席を備えた有蓋馬車(=屋根付き馬車 =箱型馬車)であり、ドアが2枚ついているものである。「向かい合った2列の座席(ボックスシート)がある普通の馬車を途中で切った形」と見なされ、それが「切られた馬車」(カロッス・クペ)と呼ばれ、やがてその表現の形容詞(クペ)だけが馬車用語として独立し、形式自体を指すようになった。

かつて昔、無蓋の幌馬車を「Roadster(道ゆくもの)」と称したことに由来する。イギリスの代表的なオープンカーはロードスターもしくはドロップヘッドクーペ(サルーン)と呼ばれている。

海外で「オープンカー」に相当する用語には「バルケッタ」(barchetta )、「ロードスター」(roadster )、「スパイダー」(spider )、「カブリオレ」(cabriolet )、「コンバーチブル」(convertible )などがある。

★★空の乗り物★★

日本語では「ヘリ」などと呼ばれる。「ヘリコプター」の名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来している。 英語では「chopper」または「helo」あるいは「whirlybird」と表記される。

糸巻きを意味する「rocchetto」というイタリア語が語源。ヨーロッパの戦場で使われた火矢が紡錘に似ていたため、そう呼ばれていた。
ソ連のツィオルコフスキーが「ロケットで宇宙に行ける」という考えを打ち立て、それに続いた多くの学者たちがその技術を現実のものにしていった。

パラシュート(仏: Parachute)は、傘のような形状で空気の力を受けて速度を制御するもの。この言葉はイタリア語の「守る」 (parare) とフランス語の「落ちる」 (chute) を組み合わせた造語である。落下傘(らっかさん)という和訳語も存在する。

★★パーツや部位の名称★★

1 2