☆人気 1番人気が0勝とハンデ戦らしく波乱の傾向。7勝を3~6番人気の馬が挙げている。09年は16番人気の馬がV。

 ☆年齢 3歳【0・2・0・1】、4歳【3・2・0・16】、5歳【5・2・8・33】、6歳【0・3・2・34】、7歳以上【2・1・0・37】。4、5歳馬が中心。

 ☆ハンデ 55~56キロの馬が勝率(10・5%)トップ。また57キロ以上の馬が3着内率(29%)首位と重量の重い馬の活躍が目立つ。

 結論 ◎サトノラーゼン ○ベルーフ ▲アングライフェン

出典【小倉記念傾向】傾向と対策 — スポニチ Sponichi Annex 競馬

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ハンデ重賞小倉記念 レース情報

ハンデ戦ながらまずまずの安定感を見せている上位人気。12年以降人気サイドの決着が増えており、前G1や重賞好走馬が揃えば人気サイドの決着の可能性が高くなっているようです。

このまとめを見る