日曜小倉のメイン「第53回小倉記念」の追い切りが栗東トレセン、小倉競馬場で行われた。

 上昇する気温と比例するように、グングンと調子を上げてきたストロングタイタンが、坂路での最終追い切りで活気あふれる動きを見せた。川田を背にして上がりだけサッと、4F53秒6、ラスト1Fはこの日の最速タイとなる11秒9をマークした。池江師が出来に太鼓判を押す。

 「良かったですね。(休み明けの)前走も仕上がりは良かったけど、使ったなりの上積みがありますよ」

出典http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/08/03/kiji/20170802s00004192421000c.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ハンデ重賞小倉記念 レース情報

ハンデ戦ながらまずまずの安定感を見せている上位人気。12年以降人気サイドの決着が増えており、前G1や重賞好走馬が揃えば人気サイドの決着の可能性が高くなっているようです。

このまとめを見る