戸崎騎手が珍しく遠征してきますが、騎乗する8サンマルティンは、昨春に去勢手術を受けた後は6戦4勝と本格化。54キロならこの相手でも好勝負になるか。

 宝塚記念は7着でしたが、重賞では安定感を見せている1スピリッツミノル。小回りも問題なくこの相手に55キロなら大崩はなさそう。

 重賞初挑戦だった前走七夕賞では、もまれ弱さを見せて9着惨敗となった3ヴォージュ。今年5戦目となりますが小回り向きな先行力でどこまで。

 当レース2年連続2着の6ベルーフは近走不振も得意の季節で得意のコースだけに巻き返しがあってもおかしくはなさそうです。

出典競馬を副業にしてがっつり稼ぐ会 [まぐまぐ!]

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ハンデ重賞小倉記念 レース情報

ハンデ戦ながらまずまずの安定感を見せている上位人気。12年以降人気サイドの決着が増えており、前G1や重賞好走馬が揃えば人気サイドの決着の可能性が高くなっているようです。

このまとめを見る