1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

dearnessfateさん

1.お酒を飲む

お酒で楽しい気分になれるのは、楽しさや心地よさを生み出す「ドーパミン」という神経伝達物質が分泌されるためです。
また、ドーパミンが分泌されるのと同時に、通常は「楽しい」という感情を過剰にしないための抑制性脳内物質「GABA(ギャバ、γ-アミノ酪酸)」という物質が分泌されるのですが、アルコールは気持ちを落ち着かせるための物質の分泌を抑えたり、働きを悪くさせたりする効果があるので、より気持ちが盛り上がりやすくなるのです。

また、アルコールにはドーパミンと一緒に「セロトニン」という物質を分泌します。
このセロトニンには、不安や恐怖と言った悪い感情を抑える効果がある脳内物質で、ストレスを抑える働きがあるとされているのです。
その他にも、心拍や血圧を上げる「副腎皮質ホルモン」や「ノルアドレナリン」などの分泌を抑える効果も判明しています。

リラックス効果とともに入眠効果も!!
しかし飲みすぎは逆効果です!!

2.アロマキャンドル

アロマのいい香りと柔らかなキャンドルの明かりでリラックス。
アロマの香りで副交感神経を活発にして心も身体もほぐしましょう♪

香りによって効果が違うようです♪
バスタイムにもぴったりですね♪

3.涙を流す

泣くと自律神経のバランスが、ゆったりカラダを休ませる「副交感神経優位」の状態になると述べました。これがストレス解消につながる大きな理由です。

私たちのカラダは交感神経と副交感神経が、常にシーソーのようにバランスを取っているというのは前述の通り。

交感神経はカラダを活発に働かせる車のアクセルのような役割を持っています。それに対して副交感神経は、車に例えるならブレーキ役。副交感神経が優位になると、カラダはゆったりと休むモードに入るのです。

4.大声で歌う

人はストレスを感じているとき、自然と呼吸が浅くなっています。一方、大きな声で歌うと腹式呼吸になり、呼吸が深くなります。腹式呼吸には自律神経を調整し、気分を穏やかにさせる効果があるのです。
また大声を出すことには、感情を出すことと同じ効果があるそうです。「歌うストレス解消法」は、普段言いたいことが言えず、ストレスをためている方にも有効ですね。

その他には、歌うことによって腹式呼吸になると、血流が良くなりデトックス効果も期待できます。また口の周りの筋肉が動くことで、顔のたるみ防止効果や、顔面の血流改善による美肌効果も。こりゃ、いいことづくめですね!

5.大声で叫ぶ

大声を出すことで、身体に『オフ』の状態をつくってあげられる。
 思い切り大声を出すと、心がすっきりするだけでなく、血行が良くなり、腹筋が収縮しておなかの働きもよくなります。
 するとおなかと反対側の腰にも良い影響を与え、腰痛を和らげる効果もあります。

 オススメなのが、「叫ぶ」こと。
 ストレス発散の効果を感じやすく、健康的な方法の一つなのです。
 大声を出すと呼吸が深くなり、筋肉への血流も増加します。
 また、ストレスホルモンのアンバランスさも低下し、ストレスが溜まりにくい体づくりにも適しています。

 大声を出すと横隔膜の上下運動が激しく促進され、それに伴って胃や腸、さらに肝臓などの内臓にマッサージ効果が起こり動きも血行もよくなり、からだもぐっと温まります。

1