1. まとめトップ

監視カメラが店舗のマネージメントに大活躍!その活用方法とは?

飲食店やアパレルチェーン店での監視カメラ(防犯カメラ)が大活躍しているとのこと。その活用方法やシステムはどんなものか?気になるコストは?導入の理由は?(店舗,飲食店,美容室,アパレルの防犯カメラ,監視カメラ,ネットワークカメラ)

更新日: 2016年10月07日

端木賜さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 5516 view
お気に入り追加

【店舗(飲食店,小売店,美容室など)での監視カメラの需要】

店舗(飲食店やアパレル、美容室など)の防犯カメラ,監視カメラ,ネットワークカメラ

飲食店では、従業員の勤務態度、接客態度の監視はもちろんの事、調理マニュアルの徹底度合いや衛生管理、従業員による食材盗難や不正の監視に活用されている。

小売店では万引きや従業員による不正の抑止、従業員の勤務態度や接客態度の監視、店舗の来客状況や活気のチェックなどに活用されている。

美容室ではレジ金の監視、従業員の接客態度・レベルのチェックに使われることが多い。また、多店舗チェーンでは、売り上げがいい店舗と悪い店舗の映像を比較することで、その原因究明が容易にできるとも言われている。

[防犯カメラ・監視カメラによる対策① 万引き・内引きの対策]

店舗では万引きや従業員のレジでの不正、在庫盗難対策に防犯カメラを設置することが多い。

[②マニュアルの徹底 品質の均一化 監視カメラ・防犯カメラによる対策]

遠隔監視機能があることで、社長や幹部はその場にいなくとも事務所の様子をPCやスマートフォンやタブレットで、いつでもどこからでも動画で閲覧することができる。

この機能を利用することで、従業員の普段の勤務態度が分かり、正確な人事評価ができたり、店員の過不足をチェックし、正しい人員配置をしたり、店員のマニュアルとは違う動きをマニュアル通りに是正することができる。

管理者がいない時間帯でのアルバイト店員の勤務態度が悪いことがしばしばある。視察に行けば幹部の前ではしっかり働くので、真実の姿が見えない。

急速に店舗数が増えている店舗の場合、会社の成長に人の成長が追い付かないことがしばしばある。そういった際に遠隔監視カメラを使用することで、勤務態度の是正やスキル向上、マニュアルの徹底を促すことができる。また、幹部の移動コストや時間を削減できる。

[防犯カメラ・監視カメラによる対策③ 店舗の稼働状況の確認]

本部のPCや、移動中のスマートフォン、タブレットで店舗の映像を見ることで、セールの時の来客数や店舗の活気などを音声付きで確認できる。売り上げのいい店舗と悪い店舗は活気やレイアウトだけではっきり差が出るという。

【店舗に適した監視カメラシステム】

[多拠点監視用 一括管理システム]

何十台何百台ものカメラ映像を1画面で一括監視できるシステムは、本部からの監視に非常に便利だろう。アップにしたい店舗のカメラは自由に1画面アップにできるという。

[可動式カメラ/集音マイク]

上下左右に操作したり、ズーム操作できるカメラ

上下左右に動くカメラや集音マイクを設置する事で、非常に便利な監視カメラシステムになる。
見たい所を自由に鮮明に見れて、音声付きで現地の状況を確認できるので、現地視察に行く回数を削減できる。

[自分で監視カメラ・ネットワークカメラを買ってきて設置する場合]

言わずと知れたパナソニックのネットワークカメラ。高性能で、ヨドバシカメラやネットショップで手軽に購入できる。

1 2





端木賜さん

筆硯紙墨については情報が交錯しており、惑わされたり理解できないことが多い。
そこでインターネットサイトから収集した情報を整理補足し、一歩でも理解が深まることを目的とする。