ヨハン・パッヘルベルのカノンは、ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルがバロック時代中頃の1680年付近に作曲したカノン様式の作品である。「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」(独: Kanon und Gigue in D-Dur für drei Violinen und Basso Continuo)の第1曲。この曲は、パッヘルベルのカノンの名で広く親しまれており、パッヘルベルの作品のなかで最も有名な、そして一般に知られている唯一の作品である。
しばしば、クラシック音楽の入門曲として取り上げられる。また、ポピュラー音楽において引用されることも多い。卒業式や結婚式、離任式のBGMとされることもある。

出典カノン (パッヘルベル) - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【音楽家は閲覧注意!】禁断のカノン進行とはなんだ!?

カノン進行には、人間の脳や本能に訴え掛ける魔法の様な力があるJポップは音楽ではない、工業製品である。しっかりした部品を使えばプラモデル同様あなたにもできます

このまとめを見る