◆ヒット曲を分析したら現代社会が見えてきた

マキタスポーツ氏は芸人でありながら、10年以上にわたりバンド「マキタ学級」を率いて音楽活動をしてきた。
その中でカノン進行、J-POP頻出ワード (「ツバサ」「サクラ」「トビラ」「キセキ」)、楽曲構成など、「ヒット曲に共通する要素」に気づき、
それらの要素を分析・分解し、『十年目のプロポー ズ』という曲を発表したところ、配信チャートでスマッシュヒット。その流れと同一線上にある
「作詞作曲モノマネ」というネタでも各メディアから注目を浴びることとなる。
もともと構造分析フェチであったマキタ氏は、本書で「アイドルとは終わりを愛でる芸能である」「『トイレの神様』理論」
「ビジュアル系とはビジネスモデルである」「『鰻の甕』理論」など、数々のロジックでヒット曲の謎を解き明かしている。
そして、最終的に行きついた「すべてのJ-POPはパクリである」という結論とは?
本書は芸人による音楽評論本でありながら、現代社会における「オリジナリティー」とは何かなどを考えさせる現代社会批評の書ともなっている。

出典すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考) : マキタスポーツ : 本 : Amazon.co.jp

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【音楽家は閲覧注意!】禁断のカノン進行とはなんだ!?

カノン進行には、人間の脳や本能に訴え掛ける魔法の様な力があるJポップは音楽ではない、工業製品である。しっかりした部品を使えばプラモデル同様あなたにもできます

このまとめを見る