1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

上手くなりたい! 運転したい!

ペーパードライバー歴何年ですか?
「下手だから・・」と運転しなければ、いつまでたっても上手くなりません。

コツをおさえれば、だれでも運転が上手くなりますよ!

そもそも、運転が上手いってどういうこと?

F1ドライバーは運転が上手いですか?
そりゃ上手いですよね。プロですから。

では、なぜF1ドライバーは運転が上手いのでしょう?

それは、余裕をもって運転しているからです。

「どれだけアクセルを踏めば、どれだけ加速するか」
「どれだけブレーキを踏めば、どれだけスピードが落ちるか」
「どれだけハンドルを切れば、どれだけ車が曲がるか」
「カーブはどれくらいのスピードなら曲がれるか」
「隣の車まで、どれくらい離れているか」

そのようなことを「感覚」でつかんでいるからこそ、「ここまでなら大丈夫」という余裕をもって運転できているのです。

では、そのような「感覚」を身につけましょう!

もちろん、そのような感覚をF1ドライバー並みに鍛える必要はありません。
日常生活レベルにすれば良いだけです。

1 ブレーキ感覚を身につけよう

ブレーキのコツは
「始めはじんわり、次にググっと踏んで、十分減速したら緩め、ほぼ止まったらグッと踏む」
です。
一定の力で踏むのは絶対にやめましょう。

ブレーキ感覚をマスターできれば、「いつでも止まれる」という自信をもてて余裕につながります。

2 車両感覚を身につけよう!

車両感覚とは、「車の前後左右が、障害物までどれくらい距離があるか」を悟る感覚です。

コツは、「(右ハンドルの場合)車の左前がどの位置にあるのかを意識する」ことです。

まずは、車の左前ギリギリに運転席から見える障害物を置いて、運転席から眺めましょう。
あるいは、「コーナーポール」をつけるのも良いでしょう。自動車用品店で1000円くらいで売っています。

3 カーブをマスターしよう!

コツは「手前ではなく、カーブの出口を見る」「カーブ中はスピードを一定に保つ」ことです。

カーブ手前までに減速し、カーブの出口に向かうイメージでハンドルを切ってください。
そしてカーブが終わったらジワリとアクセルを踏み込みます。

どこで練習すればいいの?

人も車もいないところで練習できればベストですが、そんな場所はなかなかありません。

でも大丈夫です。さほど交通量の多くない道路で、前の車についていくだけでも練習になります。前の車と同じスピードで走るように意識すれば、自然と感覚は身についていきます。

どうしても不安な人は、広い駐車場やペーパードライバー教習に行くのも良いでしょう。

1