1. まとめトップ

2016年8月3日AmazonのKindle本、「読み放題」始まりました!

海外では既にスタートしているKindle読み放題!日本でも「kindle unlimited」スタート!AmazonのKindle本に「読み放題」プランの登場です!

更新日: 2016年08月03日

0 お気に入り 312 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アマゾンは、月額980円で12万冊以上の本が読み放題になる定額制サービス「Kindle Unlimited」の国内提供を開始しました。雑誌だけでなく小説やビジネス本、実用書、コミックなど幅広いジャンルを揃えるのが特徴。Kindle端末やスマートフォン・タブレットで利用できます。

「読み放題」の本は、『Kindleのリーダー端末』や『Kindleアプリ』があれば読めます!

Kindleのリーダー端末、アンドロイドのKindleアプリ、iosのKindleアプリ、それぞれの動作確認をしてみました。
※2016/8/3現在の状況です。

2016年8月3日。この日は歴史的なポイントとなるでしょう。
そう、Kindle Unlimited(読み放題)が始まりました。海外では先行して始まっていたサービスなので、日本に来たこと自体は驚きではありません。
サービス概要としては「月980円払うと、一部のKindle本が読み放題になる」というもの。
Kindle読み放題は、未来から振り返ったとき、「出版業界をぶち壊したきっかけ」になることは確実。どのような変化が訪れるか?

読み放題の対象となる書籍は和書12万冊以上、雑誌240タイトル以上、洋書120万冊以上。参加出版社は、講談社、小学館、文藝春秋、新潮社、幻冬舎、光文社、東京創元社、ダイヤモンド社、東洋経済新報社、PHP研究所、インプレス、主婦の友社、学習研究社、白泉社、秋田書店、祥伝社、双葉社、一迅社、手塚プロダクションなど。

Amazonの個人向け出版サービス「Kindleダイレクト・パブリッシング」もKindle Unlimitedに対応し、個人出版の書籍もKindle Unlimitedで配信できるようになった。

2011年~2012年頃、Kindleが日本に上陸し、「電子書籍」が盛り上がりを見せる1つのきっかけになった。そしてまた「読み放題」というプランの登場でまたもや電子書籍だけにとどまらず、本の世界(出版流通)においても、今後の変化は明らか。
電子書籍を販売しているサイトはAmazonだけでなく、他社サイトもあり、一部のサイトでは既に「読み放題」プランも存在しているが、やはり『Amazon』が「読み放題」をやるという衝撃は大きい。
賛否両論はあるだろうが、本の本質は「思い」や「思想」を形にして、書き手から読み手へ届けるというのが根本的なもの。
電子書籍の登場は、色々な経験や思いを胸に秘めていた「個人」が執筆することを可能とし、そのことに興味を示す「個人」が読者となりえる。
「個人」と「個人」の繋がりが自由になった今、情報の価値観やそれに付随する情報料に大きな変化が起きている。
今後この波はどのように変化していくのだろうか?
良くも悪くも、好奇心そそる展開になっている。

1