1. まとめトップ

捨てないで!ただのゴミじゃない、レシートの便利&意外な使い道6選

レシートって使い方次第でいろいろと便利に使えちゃうんです♪

更新日: 2017年01月11日

16 お気に入り 23846 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cafemilkさん

買い物をするたびに増えるレシート

家計簿をつけている方は必要かもしれないけど、そうじゃない人にはただのゴミでしかない…。
だから最初からもらわないって人もいたり。

毎日お買い物に行く方にとっては、毎日一枚増えていくレシート。
どうせなら有効活用していきたいと思いますよね?
レシートには意外な使い道があるって知っていましたか?

▼爪を磨いてピカピカに

▼あぶらとり紙の代わりとして

レシートは油とり紙にも使えます。こちらも使うのはレシートの印字のあるほう。

レシートのツルツルした面を、テカりが気になる部分に押し当てます。アブラを吸い取らせるイメージで、ぎゅーっと2~3秒くらい押し当てるのがコツです。あんまり強くこすると肌を痛めてしまうので注意しましょう!

ただし、応急用としての使い道です。出先で紙がない!でもあぶらをふき取りたい!なんて時に重宝する方法。レシートを常用として使うのはあまり良くなさそうです。

▼水滴予防効果あり

手鏡、お風呂の鏡、車のバックミラーなど、印刷面を鏡に満遍なくこするだけ。これだけで水滴予防ができます。車のミラーなんかは、雨の日対策としてもよさそうですね。

なんとこの方法、市販の水滴除去スプレーなどと同じぐらいの効果があるそうです。

また、レシートの油分が鏡をコーティングすることで、くもりや水垢の防止対策にもなるんです。

▼靴底のガムもはがせる

「気づかないうちに踏んでた」
「せっかくオシャレしたのに!」

慌てず騒がず、レシートを踏み踏み…

レシートのツルツルしている方をガムがついた靴で踏みます。
3回位体重をかけるようにしてグッと踏んでください。
レシートを剥がしてあげるとガムも一緒に剥がれて靴の裏は綺麗になります。

レシートのつるつるしている方は、熱によって文字が書けるように特殊加工されており、表面に凹凸がほとんどありません。
レシートをガムに貼りつけた時、靴底よりもレシートの方が粘着力が強くなるため、きれいに取れてくれるというわけです。

▼コネクタの接続不良を直せる

買い替えるのちょっと待った!
新しくする前に試してみて!

これらのコネクタは、毎日使っていると次第に接続不良を起こすこともあります。でも買うとそこそこ高いし、しかも壊れてるわけではなさそうだから買い替えるのはもったいですよね。

そんなときは、コネクタの接続部分をレシートの印刷側でみがいてみましょう。単なる接続不良であればこの対応で改善されるようです。

レシートは多くの場合感熱紙で、研磨紙にも使用されるフェノール樹脂が顕色剤として使用されているためと思われます。
HDMI、USBだけでなく、もちろんDisplayportやIEEE1394でも同じ方法が使えるはずです。

▼固いプルタブがいとも簡単に開いちゃう

爪を短く切ってしまったあとや綺麗にネイルをしたあとなどにも使える!
外出先で手元に使えそうな道具が無い時でも財布の中に1枚くらいはレシートがあるはず。

プルタブの下に、レシートなどの紙を四つ折りにした物を入れます。後はこの紙の下に指を滑り込む様に入れると、簡単にプルタブが開きます。

1