出典 来栖崇良さんがアップロード

江戸時代初期に剣術の修練に誕生した竹刀は、刀より圧倒的に軽く、次第にこの軽い竹刀を巧みにコントロールする技術が発達していく。

幕末の頃はすでに、軽い竹刀を操作しやすいように、現在の剣道と同じように、両手の間隔を開けて竹刀を握ることが一般化する。


天然理心流では異様に太く重い木刀で実戦を想定した修練がされていた。

この情報が含まれているまとめはこちら

天使の心を持った殺人鬼 沖田総司の生涯(新撰組 一番組組長)

今さら聞けない、ザッとは知っておきたい、そんな方向けに新撰組 一番組組長 沖田総司の生涯をスーパー・ダイジェストでまとめました。

このまとめを見る