出典 来栖崇良さんがアップロード

真剣を扱う上で重要な握り

実際に、江戸時代初期以前、竹刀が作られるようになる前は、刀をバットのように握るのが一般的であった。


天然理心流は、幕末には廃れていた本来の日本刀の握りで、日頃から実戦向けの訓練をしていた可能性があるのである。

この情報が含まれているまとめはこちら

天使の心を持った殺人鬼 沖田総司の生涯(新撰組 一番組組長)

今さら聞けない、ザッとは知っておきたい、そんな方向けに新撰組 一番組組長 沖田総司の生涯をスーパー・ダイジェストでまとめました。

このまとめを見る