出典 来栖崇良さんがアップロード

体調の悪化とともに第一線で活躍することがなくなる

沖田は、凄腕の新撰組一番隊組長としての顔とは裏腹に、いつも冗談を言っている陽気な人物で、暇な時は屯所界隈の子ども達と遊んでいる事が多かった。


しかし、強く陽気な沖田でも当時は不治の病とされていた労咳に命を削られていく。



「鳥羽・伏見の戦い」には参加せず、江戸に戻ってからは幕府の医師・松本良順により千駄ヶ谷の植木屋でかくまわれて療養生活を送る。

この情報が含まれているまとめはこちら

天使の心を持った殺人鬼 沖田総司の生涯(新撰組 一番組組長)

今さら聞けない、ザッとは知っておきたい、そんな方向けに新撰組 一番組組長 沖田総司の生涯をスーパー・ダイジェストでまとめました。

このまとめを見る