1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

こりゃたまらん!サンドイッチの王様カツサンドの名店13選

厚切りカツとパンにソースの相性が最高のサンドイッチの王様カツサンド。店内で食べるのもよし!お持ちかえりもよし!都内で一度は食べたい絶品カツサンドの名店について。

更新日: 2016年08月06日

JPNMILANOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
464 お気に入り 74635 view
お気に入り追加

《両国》レストラン クインベル

レストランクインベルは、旧安田庭園に近いエリアにある洋食店。名物は、ビーフカツレツで、肉厚なビーフカツがさくさくなパンにはさまれたサンドは、多くの人を虜にしています。

[火~金]
11:30~14:30
17:30~21:30(L.O)

[土・日・祝]
12:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:30(L.O)
ランチ営業、日曜営業
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日

4切れにカットされたヒレカツサンド断面の存在感が際立つ。美しくトーストされたキツネ色のスライスパンに挟まれた。見事なまでにミディアムレアのされたヒレ肉の断面が存在感を示す。

《築地市場》センリ軒

日本橋に魚河岸があった大正初期、ミルクホール『千里軒』として創業。大正12年の関東大震災後、魚河岸とともに築地に移転、現在の店主は三代目。

ヒレカツサンド。これが旨い。非常に柔らかいのは断面から窺える通り、肉の繊維の気泡らしきものの所業か。叩くなりして何か技を加えているのだろう。

ヒレカツサンド 700円

《内幸町》カツ ザ ハミルトン

カツサンドが自慢のコリドー街のCAFE&BAR。北海道十勝から毎日直送される「かみこみ豚」を使用。和牛の様に程良く「サシ」が入っている柔らかな豚肉は、一度味わうと食べた者を虜にします。

ロースの芯部分のみを使用しているため脂身がなくヘルシーなカツサンド。サクサクな衣に柔らかい豚肉。そして、甘めのソースとの相性はバツグン!

ロースカツサンド 2,160円

脂のサシが良く、100頭の中から3頭しか出会わないといわれる“かちこみ豚”を使用したカツサンド。厚切りにされたカツがとってもジューシーで美味しかった。

《小川町》ポンチ軒

[月・火]
11:15~15:00(L.O.)
[水~土]
11:15~14:00(L.O.)/17:30~21:00(L.O.20:30)
定休日:日曜日、第3月曜日

ビーフカツサンドは名前の通り厚切りで切り口の断面を見るときれいなピンク色。パンに一緒に挟まれた千切りキャベツも牛肉とのコンビネーション抜群!

ビーフヒレカツサンド 2,440円

ギリギリ火が通ったお肉、タップリのキャベツに、ほんの少し甘みのあるソースがたっぷり絡まって、ウホウホな味でしたよ〜。

《新宿》かつくら

新宿高島屋14階にあるかつくらは、京都の四季をとんかつとご一緒に。健康的、美味しい、柔らかいことを基本とし、豚肉はすべて国産!

1 2 3 4





JPNMILANOさん

デザインとグルメ、猫のまとめを中心にやっていきます。



  • 話題の動画をまとめよう