1. まとめトップ

なんだコレ・・。ってなる「かなり変わったお風呂」たち

エアロバイク+お風呂は斬新すぎやしませんか・・?!

更新日: 2016年08月06日

83 お気に入り 136097 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakyunaさん

▼ このバスタブ、どうなってるの・・!?

◇ ハンモックと合体したバスタブ

開発者によると、この製品は、「ハンモックであり、バスタブであり、ホットバスであり、ウォーターベッドでもある」のだとか。

体にフィットするため普通のバスタブと比べ非常に快適、さらに水の使用量も少なくてすむ仕組み。

通常の樹脂製などのバスタブとはまったく異なる入浴感覚。一般的なユニットバスのバスタブが200リットル位の水を使うところ、なんと3分の1の75リットルで済みます。

◇ 「薄すぎる」ポータブルバスタブ

重量は7㎏で、薄さはなんと8.5㎜!驚異のコンパクト設計により、容易に持ち運びが可能です。

蛇腹式の骨組みと、お湯をためる布を組み合わせた構造。骨組みを展開し、布内にお湯をはって入浴する。狭いシャワールームではなく、アパートの部屋一杯に広げて設置できるので、ゆったりとお風呂タイムを楽しめるのが特徴。

なめらかなフォルムのシンプル設計、組み立てが簡単なところが好印象。浴槽の中はもちろん、キレイに洗うことができるので、いつでも清潔な状態をキープ。

◇ かなり”光ってる”バスタブ

一般的なセラミックとは違い、ポリエチレンからできているため手入れも簡単で、かつ特別なバスタイムを演出してくれます。

また何色ものカラーに光るので、毎日違った気分でも楽しめそう。

◇ 壁に収納できるバスタブ

狭小住宅など機能的な設計が得意な日本人も発想しなかった、新しいスタイルのお風呂「bathboard」は、なんと! 折りたたみ式のバスタブなんです。

フォームラバー(発泡ゴム)で作られたこのバスタブ。お湯を入れるとその重みでフラットな本体がみるみるうちに膨らんでバスタブの形に早変わりします。

ポップなカラーが楽しい入浴タイムを実現。お手入れも楽々!?なバスタブはアイデアとしては面白い。シャワーはどうするとか、空いたスペースをどう活用するかという問題はありますが。

◇ バスタブ+エアロバイク

1 2