1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

perruche2002さん

日本らしい食材を集めて、卵も牛乳も使わないとろとろプリンを作る

有機豆乳、きび砂糖、ほうじ茶、ルカンテンウルトラ。
乳も卵も白砂糖も使わず、プリンができちゃうのです!

ルカンテンウルトラとは?寒天との違いは?

寒天の分子を短くすることでなめらかでとろっとした食感を出し

寒天ではやっぱりみつ豆みたいに固くなっちゃいます。。500gですが、応用レシピもいろいろあるようです。

苦手な豆乳も、ほうじ茶の香りでマスキング!

豆乳とほうじ茶を一緒に混ぜながら温めます。ふつふつとしてきたら火を止めて(概ね80度)蓋をして5分ほどかけて香りを移しておきます。

豆乳とほうじ茶を一緒に混ぜながら温めます。ふつふつとしてきたら火を止めて(概ね80度)蓋をして5分ほどかけて香りを移しておきます。

ほうじ茶を蒸らしている間に、きび砂糖とルカンテンウルトラを一緒に計量しておきます。ダマになりにくくなります。

きび砂糖とルカンテン←以後こう呼びますwを合わせておいたボウルに豆乳を投入する。ホイッパーで混ぜながら、溶かし込みましょう。

再びふつふつとしてくるまで、ゴムヘラで焦げ付かないようにゆっくりと混ぜ合わせるだけ。チカラを入れたりすることもありません。

ボウルに移してください。液状で熱いので作業には注意してくださいね。
粗熱が取れたら、好みの器に流して冷蔵庫で30分。冷やしておいてくださいね。

せっかくなので黒みつも作っておきましょう

50g 黒糖
20g ミネラルウォーター
合わせておいてなじませます。

黒糖は加熱しすぎるとアクが出やすいです。湯煎でざらつきがなくなるまでかき混ぜて出来上がり♪

上からかける。というスタイルなので、ピッチャーに添えてサーブするのもいいかもしれませんね。年配の方にも難なくお出しできるおうちカフェにも重宝できそうです。

豆乳とほうじ茶プリンの完成です♡

寒天だから硬そう、、そんなイメージも払拭。
黒みつも意外に甘さ控えめ。手作りなので、お砂糖の量も、材料もこだわりのものをセレクトして是非チャレンジしてみてください!

カンタンレシピの公開です!

200g 豆乳
20g きび糖
2.5g ル・カンテンウルトラ
2g ほうじ茶

豆乳とほうじ茶ってやっぱ女子に支持率高めなんですね。

深煎りの香りが口の中に広がるゼリーに、甘い黒あんみつ、食感のアクセントに赤えんど豆がトッピングされています。途中、豆乳をかけて味の変化を楽しんだり、、、ほうじ茶との相性も◎ そしてやっぱり珈琲と焼きドーナツもいただきました pic.twitter.com/tD979UQyqn

朝は黒豆パンと豆乳とほうじ茶あったから豆乳ほうじ茶ラテ作ったらめっちゃ美味しかったー!毎朝飲もう! 今日赤ちゃんが元気かどうかのテスト?40分あるからいつもより遅めの時間で検診!おっちゃんぱぱ休みやから帰ってきたらベビーベッド組み立ててもらおう

ウィークエンドシトロン。って予告しておきながらの脱線(笑)
組み合わせそのものが結構好き嫌い分かれちゃうメニューなので、むしろ好きな人向けに手作りしてほしいな。って思いで、レシピ公開しました!#タグ(豆乳とほうじ茶)つけてアップしてくれると嬉しいです!

1