1. まとめトップ
  2. カラダ

寿命も伸びる…!「歌う」ことで得られる健康効果が結構凄い。

「歌う」ことは健康に良いんですね。

更新日: 2016年08月07日

97 お気に入り 25297 view
お気に入り追加

歌を歌うのって楽しいですよね。

自転車に乗りながら、渋滞の車の中、周りに人がいない帰り道…「歌う」ってどこでも楽しいですよね。

カラオケに限らず、日頃から楽しみながら歌を歌っている方も多いのではないでしょうか。

車の中で歌うの楽しすぎてやばい爆笑

歌うとなんだか楽しくなっちゃいますよね。

そんな「歌うこと」って実は健康に良いらしい。

音楽がもたらすさまざまな効能が科学的に証明されつつあるなか、とくに「歌うこと」には特別な効果があるようです。

歌うことによって得られる健康効果を紹介。毎日歌って健康になっちゃいましょう。

□歌うことには「ダイエット効果」がある

歌を歌うことは、お腹から大きな声を出すだけで運動になり、一曲歌えば100m走るのに匹敵するくらいの運動量になります。

また、腹式呼吸をすれば、横隔膜が上下に動き、これによって内臓の血行がとても良くなり、新陳代謝もとても良くなります。

また腹式呼吸はお腹周りの筋肉を使いますので、引き締め効果があります。ダイエット効果が上がるだけでなく、歌唱力もアップします。

□女性には嬉しい「美容効果」も。

口を大きく開けて歌う事により口角周りの筋肉がつき、変顔エクササイズ同様にほうれい線などを刺激して小顔効果があります。

表情筋と言われる口輪筋や頬筋、眼輪筋を活発に動かすため、小顔効果やアンチエイジング効果も期待大!

大きく口を開けて腹式呼吸で歌えば、効果はバッチリ。

また、声を出すことでストレスが解消されるのもキレイになれるひとつの要因。ストレスが解消されると自律神経の乱れも正されて、ホルモンの分泌も正常に近づきます。ストレスによって浅くなった呼吸も深くなるのです。

美容効果アップのためには、腹式呼吸と大きく口を開けてはっきりと歌うことがポイントです。

□歌うことで「幸せな気分」になれる

歌うことで「オキシトシン」が分泌される。

主に、母親が赤ちゃんを育てる際に大切な働きをするホルモン、別名”愛情ホルモン”オキシトシン。実は、音楽を聴いたり、みんなで歌を歌うことでもこのホルモンが出るということです。

1 2





ギャロップきゃんたーさん