1. まとめトップ

極楽とんぼ山本圭壱の事件を詳しく知りたい。いったい何があったのか。(17歳って知らなかった?)

「めちゃイケ」での加藤浩次・岡村隆史との絡みや、復活LIVEの数分完売など話題の山本圭一。改めて10年前の暴行強姦事件についてまとめました。

更新日: 2016年08月10日

2 お気に入り 16076 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「強姦」「未成年」「解雇」など、衝撃的なフレーズで報道された事件でしたが、
何があったのか、事実を時系列順に追ってみましょう。

▼ 2006年7月15日

茨城ゴールデンゴールズの遠征試合で、北海道函館市を訪れる。

茨城ゴールデンゴールズは、萩本欽一が2005年に創設した社会人硬式野球クラブチーム。
チーム名の命名はコピーライターの糸井重里。
在籍したことのある選手は、片岡安祐美、パンチ佐藤、上重聡、上重聡 他

▼ 2006年7月16日

試合後、茨城ゴールデンゴールズの選手2名(山本は含まず)で北見ぼんちまつり納涼花火大会へ行く。

花火大会の会場で、少女2人をナンパ(1人は被害者となる17歳少女)。その後居酒屋へ。

茨城ゴールデンゴールズの選手2名・少女2名が居酒屋で飲食しているところへ、ホテルで休んでいた山本圭壱が呼び出されて合流。

その後、山本圭壱と17歳少女は、山本圭壱が宿泊しているホテルへ。

▼ 2006年7月17日

飲酒行為と性的暴行に及んだとして少女が被害届を北海道警察函館西署に提出した。

▼ 2006年7月18日

吉本興業は(中略)
未成年者との飲酒やみだらな行為があったとして、契約を解除したと発表した。

▼ 2006年7月19日

極楽とんぼ相方の加藤浩次が日テレ「スッキリ!!」で号泣謝罪。

吉本興業東京本部での記者会見上で、水上晴司取締役制作・営業統括本部長などが山本圭一の芸能活動の中止とお笑いコンビ「極楽とんぼ」の解散を文書で発表した(会見には本人は出席していない)。

レギュラー出演していた番組については降板、もしくは番組打ち切りの処置がとられ、既に収録済みの番組については、放送中止や山本が画面に映らないように再編集する処置が取られた。

▼ 2006年8月29日

北海道警函館西警察署は山本を書類送検した。

▼ 2006年9月中旬

▼ 2006年9月22日

告訴取り下げ

▼ 2006年10月3日

函館地検は被害者である少女と保護者と山本との間に9月中旬示談が成立し、被害者と保護者が9月22日に告訴を取り下げたため、山本を不起訴処分とした。

※補足
ロンブー淳が後に語った話によれば未成年だと知らずに行為に及んだとのこと

1 2