1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Candleとは、綿糸などを縒り合わせたものを芯にして、芯の周囲に蝋(ろう)やパラフィンを成型したもののこと。芯に火を点して灯りなどとして用いる。ロウソク、ローソクとも。
芯の先に点った炎によって周囲の蝋が融けて芯に染み込み、さらにそれが気化して燃焼することで燃え続けるしくみである。炎はほぼ一定の明るさを保つ。
芯として用いられるのは三つ編みにした綿糸(めんし)やイグサ(灯心草)で、芯を据えた型に蝋(ろう、パラフィン)を流し込んだり、融けた蝋を芯に繰り返し絡ませたりして作られる。
光源の明るさの単位「カンデラ(燭光)」は、もともと特定の規格のろうそくの明るさを基準として決められた単位である。 ろうそくに関する著作では、マイケル・ファラデーの『ロウソクの科学』が有名。

古代エジプトではミイラ作成などで古くから蜜蝋が使われており、2300年前のツタンカーメンの王墓からは燭台が発見されていることから古くからろうそくが使われていたと見られている。
紀元前3世紀のエトルリア(現在のイタリアの一部)の遺跡から燭台の絵が出土し、この時代にろうそくがあったことは確かだとされる。
この時代の中国の遺跡でも燭台が出土している。
ヨーロッパにおいては、ガス灯の登場する19世紀まで、室内の主な照明として用いられた。キリスト教の典礼で必ず使われるため、修道院などでミツバチを飼い、巣板から蜜ろうそくを生産することが行われた。
釣燭台(シャンデリア)は本来ろうそくを光源とするものであり、従僕が長い棒の先に灯りをつけ、ろうそくにそれぞれ点火した。
蜜ろうそくのほかには獣脂を原料とするろうそくが生産された。
マッコウクジラの脳油を原料とするものが高級品とされ、19世紀にはアメリカ合衆国を中心に盛んに捕鯨が行われた。

日本でろうそくが最初に登場したのは奈良時代である。
当時のろうそくは中国から輸入された蜜ろうそくと考えられている。
恐らく、仏教の伝来とともにあわせて伝わった。
平安時代になり、蜜ろうそくに代わって松脂ろうそくの製造が始まったと考えられる。
その後、和ろうそくと呼ばれる はぜの蝋や漆の蝋などを使ったものに変わり、江戸時代にはろうそくと松ヤニと混ぜてハードワックスにしていた。
また、江戸時代には木蝋の原料となるハゼノキが琉球から伝わり、外出用の提灯のための需要が増えたこともあって、和ろうそくの生産量が増えた。
和ろうそくは裸で使うより提灯などに入れて使うことが多かったので、蝋が減っても炎の高さが変わりにくいように上の方が太く作られていた。
明治以降の西洋ろうそくの輸入により、その地位も取って代わられている。

産業革命、石油化学工業の発達により18世紀後半以降、石油パラフィンからろうそくが作られるようになり、工業的大量生産が可能になった。
厳密には蝋ではないが、「ろうそく」として最も普及している。
「電気ろうそく」と称するものもある。
家庭でのろうそく使用は火災の原因ともなっており、火災防止の観点から主に仏壇用に売られている。
寺院用の大型の燭台に対応したものもある。
これはヤブロチコフの電気ろうそく(アーク灯)ではなく、電球やLED照明を用い、交流電源や乾電池を用いた照明器具である。
一部では炎の揺らめきを再現したムードランプ用の電気ろうそくも販売されている。

ろうそくはさまざまに分類可能である。
原料で分類する方法、成形方法で分類する方法などがある。
各地域、国ごとにさまざまなろうそくがある。
日本では、「洋ろうそく」と「和ろうそく」に分けられることがある。
「洋ろうそく」は元来、溶けた蜜蝋の中に芯を浸しては引き上げ冷ます、ということを何度も繰り返して次第に太くしてゆく方法で作られていた。
現在では、芯を入れた型の中に、主に石油パラフィンとステアリン酸の蝋を流し込んで一気に成形し作られている。
「和ろうそく」はイグサと和紙からなる芯にハゼノキの果実からとれる木蝋を塗り重ねて成形され、純粋に植物性である。
(漆など他の素材もあったが、経済性の悪さからほぼ消滅した。)

形状は基本的に、芯の周囲に円柱状に蝋を固めている。
蝋の表面が螺旋状に凹凸加工されているものや、動物・人間・キャラクターなどの形に形成されているものもある。
芯は縒ってあり、上端に一部が露出している。
下端には燭台のピンに立てるために穴が開いているものが多いが、誕生日ケーキ用では金属箔で巻かれており、太く短い防災用ろうそくでは自立して安定するので穴は無い。
色はさまざまで、白、赤、緑、青 等々で、さらに表面に着色されていたり、何らかの絵が描かれているものもある。
最近では、燭台に挿すことを想定していないティーキャンドルというものもある。
あらかじめカップ状のものに入れられていて、置き場所を選ばない利点がある。
ろうの融点が低くても燃えていられるよう、芯を部品で支える構造になっている。
ろうがすべて液状になるところまで溶け、粘性も水のように低くなるので、転倒等に注意しなければならない。
カップには安価なアルミカップと、照明範囲を広くとるようにしたガラス等のクリアカップがある。

ろうそくは基本的に屋内の照明として利用されてきた歴史がある。
さらに古くからある 液状の植物油などを用いたランプと比べて、ろうそくは固形状の蝋やパラフィンを用いており携帯性・保存性に優れている。
電灯の登場以降は多くの場合それにとって代わられたが、「夜は夜らしいのが良い」と感じ、室内を暗くしてそのムードを楽しむ欧米文化では、21世紀になっても室内照明としてろうそくを好んで用いる家庭もある。
また、ろうそくは耐水性もあるため、災害時の必需品として見直される傾向もある。
しかし、火災などの二次災害を引き起こす事も多く、災害時の蝋燭の使用をやめるように呼び掛けられる事も多い。
ろうそくの炎は色温度が低く、落ち着いていて、くつろいだ雰囲気の照明となる。
茶道においては夜咄の茶事においてろうそくを用いることを常とする。
現代のレストラン等でも、雰囲気を重視し、テーブル用の照明として使われている。
誕生日のバースデー・ケーキで誕生日を迎えた人がそれを一気に吹き消すというイベント・儀式のため、また結婚式での参加者向けの演出、その他さまざまなイベント用にも用いられている。

ろうそくはまたキリスト教の儀式においても用いられてきた。
これは多く光の象徴として用いられる。
伝統的なキリスト教の祭儀では、祭壇の上にろうそくが献じられる。
正教会の奉神礼、ローマ典礼いずれの典礼書でも、聖体礼儀(正教会)、聖体祭儀(カトリック教会の、いわゆるミサ)においてろうそくを灯すことが義務づけられている。
正教会・東方典礼・ローマ典礼のカトリック教会では、ミツロウを用いるのが好ましいとされる。
また死者のための祈祷(埋葬式・パニヒダ)や復活祭(正教会では復活大祭)の祈祷では手に灯りをともしたろうそくをもって礼拝に参加する。
復活祭のろうそくは地方によってはそのまま家に持ち帰り、家庭の火を灯すのに使われることがある。

ろうそくは、燃えると蝋に含まれた成分の香りが室内に漂うことになる。
上の節とも関係するが、正教会・東方典礼・ローマ典礼のカトリック教会では、蜜蝋(ミツロウ)を用いるのが好ましいとされており、蜜蝋はとても良い香りがするものであり、祭儀の最中、教会堂の中に蜜蝋の香りが立ち込める。
アロマセラピーの香具のひとつとしても用いられている。

化学薬品を使用してもなかなか改善できない水虫であるが、その原因は皮膚の深い部分に白癬菌が潜むため、薬剤が浸透しにくいためである。
だが、蝋燭に点火し、溶けたばかりの蝋を患部に垂らすことにより、溶けた蝋が熱を持ったまま密着することで皮膚の深い面にまで熱を伝え、その部位の白癬菌を効果的に殺すことが出来るといわれており、水虫治療の民間療法として使われている。
缶や小鍋で蝋燭を溶かし、筆で熱い蝋を塗布する方法も使われる。

1 2