1. まとめトップ
  2. カラダ

冷房に負けない!CAから学ぶ「美肌テク」が超使える♪

しかも意外とプチプラでできちゃうみたい。

更新日: 2016年08月09日

mojyamiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
911 お気に入り 233951 view
お気に入り追加

美肌のヒケツは「メイク前」に…!?

飛行機の中って結構と乾燥しているらしく、
(湿度20%以下にもなるとか)

機内もオフィス同様、乾燥しているので「化粧前の保湿がとても大切」

朝は保湿マスクを顔にのせて、しっかり肌奥まで有効成分をインプット

「安いのにたっぷり大容量!」「値段を気にせずパシャパシャ重ねづけできる」とコスパの良さが魅力

雑誌のCAさんアンケートでも1位に選ばれたハトムギ化粧水

とにかく水分を逃がさない!

化粧水だけを使用した状態で放置すると、肌の水分がどんどん蒸発していき、乾燥を招く原因となってしまいます

元CAさんからのコメント

化粧水で入れてあげた水分が逃げないように、乳液・クリームでふたをしてあげましょう

乳液のベタベタが気になる時はティッシュで軽くオフするといいみたいです

しっかりと浸透させるため3分ほど待ち、乳液やクリームを塗りましょう

乾燥くずれを防ぐベースメイクのコツ

ファンデーション前に崩れにくいベースを仕込むのがCA流。「化粧直しの回数が圧倒的に減った」、「フライト中でもヨレが気にならない」と支持多数

混合肌の人は、皮脂吸収タイプをTゾーンに、保湿タイプをそれ以外に塗るようにして、2種類を顔の部分別で分けて使います

肌にのばした後、たたき込むようになじませるとファンデーションの量が少なくて済むうえに化粧くずれやヨレにくくなります

下地として使って、さらに気になる部分だけミネラルファンデーションを重ねてあげるのが素肌っぽく見えるマル秘テク

ファンデーションを塗る部分は、くすみやすい3点のみ。「小鼻の際」「口角の際」「下まぶたの下」です。Tゾーンには一切塗りません

どうしても気になるときは、ファンデを部分使いするのがCA流

ベースメイクのコツはとにかく朝は薄く仕上げること!ベースメイクの厚みが増すほどよれやすく、崩れやすくなってしまう

厚塗りすると逆に粉吹きの原因にも

なるべく化粧下地をしっかり塗って、ファンデーションは頑張りすぎない程度にしています

なるほど~CAさんはむしろ下地をしっかりがんばってるんですね

10分くらい置くと、ファンデとお肌がなじんでくる

1 2





mojyamiさん

おしゃれなカフェとか雑貨屋さんめぐりが好き

このまとめに参加する