1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

国家公務員給与が3年連続で引き上げへ…ネットでは色々な声が上がっている

人事院は、今年度の国家公務員の給与について、月給は平均で0.17%、ボーナスは0.1か月分、それぞれ引き上げるよう、8日、国会と内閣に勧告しました。

更新日: 2016年08月08日

59 お気に入り 186440 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Sanctusさん

・国家公務員給与 3年連続で引き上げの勧告

人事院は、今年度の国家公務員の給与について、月給は平均で0.17%、ボーナスは0.1か月分、それぞれ引き上げるよう、8日、国会と内閣に勧告しました。

人事院は8日、2016年度の国家公務員の月給を0・17%、ボーナスを0・10か月分引き上げるよう、国会と内閣に勧告した。

勧告通りに実施され、双方が3年連続で増額されれば、1991年以来25年ぶりとなる。

・年間給与は平均で5万1000円増える

人事院の一宮総裁は8日、総理大臣官邸で、安倍総理大臣に対し、今年度の国家公務員の給与改定に関する勧告を行いました。

・配偶者手当は廃止するよう勧告

配偶者手当は17年度から段階的に減額して18年度に半額とし、課長級は20年度に廃止するよう勧告した。

・女性の就労拡大の観点から配偶者手当を見直す検討を求めていた

配偶者手当は年収130万円未満の配偶者を持つ課長級以下の職員に月額1万3000円を支給している。

130万円以上の年収があれば対象外となるため、妻の就業意欲をそぐとの指摘があり、安倍晋三首相が見直しの検討を求めていた。

・一方で子ども分に関しては、引き上げるよう求めた

一方で子ども分に関しては、現行の1人あたり6500円から1万円に引き上げるよう求めた。

扶養手当の見直しは、女性の就労を後押ししつつ、子育て支援を充実させる狙い。

子どものいる世帯に支給されている扶養手当を、子ども1人当たり、現在の原則月額6500円から1万円に引き上げるよう勧告しています。

・今回の決定はネットでは話題になっている

国家公務員の給料があがるぞー! ひゃっほー!

1 2