1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

8月12日はペルセウス座流星群、いつもより多めに流れます

条件がよく活動も活発、見頃は12日の深夜から13日の未明まで、月が沈んでから、1時間に45個以上の流星が見えるかも、観察のポイントは?、一緒に観察したい星座や星々、夏の大三角、秋の四辺形(ペガススの大四辺形)、カシオペヤ座、プレアデス星団(すばる)、2016年

更新日: 2016年08月12日

curatorさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
135 お気に入り 174012 view
お気に入り追加

今年のペルセウス座流星群は、条件がよく、活動も活発

今年(2016年)のペルセウス座流星群はたいへんよい条件で観察ができます。条件がよい理由のひとつは、8月11日が上弦のため、夜半頃に月が沈むことです。

もうひとつの理由は、極大が日本時間の8月12日22時頃と予想されており、日本で流星を観察しやすい時間帯に近いことです。

また、今年は普段の年よりも流星群の活動が活発で、

宇宙空間に流星のもとになるちりが多く、例年より多くの流星が見られるという予想もある。

見頃は、12日の深夜から13日の未明まで

2016年のペルセウス座流星群の極大は、日本時間の8月12日22時頃と予想されています。

その時刻にはまだ月明かりの影響がありますので、夜半頃に月が沈んだ後が観察に適した時間帯です。

(第一候補)8月13日0:00~夜明け(日本時)
(第二候補)8月12日0:00~夜明け(日本時)
http://goo.gl/0YmX4Z

なお、2016年は8月12日の7時から13時にかけて、過去に放出されたダスト・トレイルが地球に近づくという予報があります。日本では太陽が昇っている時間帯なのが残念です。

1時間に45個以上の流星が見えるかも

ペルセウス座流星群の流星は、流れる速度が速く、途中で急激に増光することがある。また、明るい流星や火球が多く、流星痕が残ることも多い。

夜空が十分に暗い場所で観察すれば、最も多いときには、1時間当たり45個以上の流星を見ることができると考えられます。

街明かりで背景の夜空が明るかったり、視界を妨げる遮蔽物があると、それだけ出現数が減ってしまいます。ですから、見通しが良くて人工の光が少ない場所を、前もって探しておきましょう。

観察のポイントは?

安全を確保、落ち着いて見られる場所で見る。虫対策も重要

駐車場などはいきなり車が動くことがあり、危険ですよ! 犯罪にも注意してくださいませ。

全天を広く見渡そう

放射点のある北東の方向だけをじっと見つめるのではなく、空を広く見渡すのがポイントです。

15分くらいは見続けてみよう

1つも見えないからと数分で諦めるのではなく、少なくとも15分くらいは見上げてみましょう。
長く見ていると目が暗いところに慣れるため、暗めの流れ星にも気づきやすくなります。

一緒に観察したい星座や星々

この時期、未明のころの西の空には「夏の大三角」、天頂付近には「秋の四辺形」、北から東の空には「カシオペヤ座」や「プレアデス星団(すばる)」などが見えています。ゆったりと星座や星を楽しみながら、流れ星が飛ぶのを待つことをおすすめします。

7月の晩では、東を向いて見上げたところにあるいちばん明るい星が「こと座」のベガ。ベガから右下の方向にある「わし座」のアルタイル、ベガから左下の方向の「はくちょう座」のデネブ。この3つの星を結んだ三角形を「夏の大三角」という。8月や9月の晩には、ベガが頭のま上に見えている。

秋の夜空に見える四つの明るい星を線でつなぐとできる四辺形。ペガスス座のα(アルファ)星マルカブ、β(ベータ)星シェアト、γ(ガンマ)星アルゲニブとアンドロメダ座のα星アルフェラッツで構成され、「ペガススの四辺形」ともよぶ。

「カシオペヤ座」は北の空にある星座で、5つの星がW字型またはM字型に並んでいる。一年中見ることができるが、秋から冬にかけて高く上り、一番見やすくなる。

1 2





気になること、疑問に思ったことの
スクラップ&コラージュです。

最新まとめ情報
http://goo.gl/f3jDH

人気まとめベスト10
http://goo.gl/598RT