1. まとめトップ
1 お気に入り 12842 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

国旗がおかしなことに

中国の通信社、中国新聞社などによると、リオデジャネイロ五輪で使われた中国国旗のデザインが間違っていることが7日判明し、中国側はリオ五輪の大会組織委員会に抗議を申し入れた。組織委は謝罪、是正策を取るとしている。

リオで7日行われた射撃女子10メートルエアピストルで、張夢雪が中国に今大会初の金メダルをもたらした際、表彰式でメインポールに掲げられた中国国旗に、正式な国旗とは違う部分が確認された。

射撃女子10メートルエアピストルで金メダル

五星紅旗は赤地に黄色の大きな星(☆)が1つ、その右側に小さな4つの星(☆)が配置されている。正式な五星紅旗は、小さな☆の先端の1つが、大きな☆の中心部に向かっている。

リオ五輪の製品はほとんど中国製っていってなかった?

「ブラジルよ、何をしているのだ!」と怒りたいところだが、中国人民はなかなか拳を振り上げづらい立場にある。

台湾メディア・中時電子報は記事「きまずい!リオ五輪の中国国旗に間違い、中国製品か」を掲載した。

というのも先日、中国メディアが報じたところによると、リオ五輪で掲揚される国旗の大半は中国企業が製造しているのだ。間違ったデザインの中国国旗もメイドインチャイナの可能性が高い。

2016年8月1日、参考消息網によると、台湾・聯合新聞網はこのほど、今月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪について、公式マスコットから競技場内の安全検査設備、エアコン設備、地下鉄、表彰式で掲揚される各国国旗に至るまで「メード・イン・チャイナでないものはない」と報じた。

この地下鉄車両は「中国中車長春軌道客車株式有限公司」が製造した。

さらに強調しなければならないのは、表彰式で掲げられるメダル獲得者の国旗が全て「メード・イン・チャイナ」だということだ。

リオ五輪で使用される各国の国旗やスカーフ、帽子、ウィッグ、マフラー、ライト、さらに応援団が使うグッズなどは、「浙江武義金誉家紡実業公司」が製造した。

この製造業者
中国国内で社名も出てしまって
つっこまれてしまった…

結局、制作はブラジルの業者だった。

中国の国旗に間違いがあったことが判明し、組織委員会が8日に謝罪した。

生産したのはブラジルの会社で、現在正しい図柄の国旗を生産している。近く納品の予定だ」と述べた。

中国国内では怒りのコメント

中国のインターネット上には、「絶対に故意に違いない」「国旗まで間違えるとはリオは本当にひどい」「次回からは各国が自分で持参した方がいい」といった意見が寄せられている。

一方、中国メディアがリオ五輪で使われる各国・地域の旗はすべて中国製と報じていたことを指摘し、虚偽報道を指摘する声もあった。

結局は中国オリンピック委員会(COC)の確認ミス?

各国・地域の旗は、開幕前に各オリンピック委員会の承認を受けたとしていた。5日の開会式でも旗手は間違ったデザインの国旗を手にしており、COCは指摘されるまでデザインの間違いに気づいていなかった可能性がある。

確認できなかったのはCOCさんの業務怠慢では??

国旗ができた段階で、リオデジャネイロの中国大使館が確認を怠ったことについては、中国内では報道されていない。

北京在住のジャーナリストは「よりによって、もともと中国側から提出された国旗のデザインが間違っており、それも、大使館側が間違いに気付かなかったことが分かると、中国内でも大きな問題になるので、党内部で極秘扱いにされているようだ」と指摘している。

1 2