1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

michaektckさん

「シン・ゴジラ」が大ヒット上映中

映画「シン・ゴジラ」が公開4日間で71万人を動員し大ヒットを記録。1954年に初代「ゴジラ」が公開されて以来、日本で29作品がつくられてきたシリーズの累計観客動員数も1億人を突破しています。初代「ゴジラ」は、ビキニ環礁で水爆実験が行われ「第五福竜丸」などの船員らが被曝した年に公開され、その内容も事件や核実験への恐怖を強く連想させるものでした。以来、戦後日本では映画、小説、漫画、アニメなどのポピュラー文化の中で原子力や核エネルギーについて時代ごとに様々な描かれ方をしてきました。

出典http://www.tbsradio.jp/61103

直接的・間接的に「核」をテーマにした作品が日本には数多く存在する。

元々のゴジラの設定は
ビキニ環礁沖での水爆実験で住みかを奪われた古代生物の生き残りとされています。

諸説ありますが、
ナウシカの舞台は放射能で汚染された世界とも言われています。

核戦争後の荒廃した世界が舞台となっています。

衝撃的な冒頭シーンは有名です。

ウルトラマンの必殺技は「スペシウム光線」
核を連想させるネーミングです。

その他も、ひばく星人という怪獣が登場したり、
昭和のウルトラマンは
直接的・間接的に核を連想させるモチーフが多く登場します。

アパートの自室で、原子爆弾を作った男の話です。

1