映画「シン・ゴジラ」が公開4日間で71万人を動員し大ヒットを記録。1954年に初代「ゴジラ」が公開されて以来、日本で29作品がつくられてきたシリーズの累計観客動員数も1億人を突破しています。初代「ゴジラ」は、ビキニ環礁で水爆実験が行われ「第五福竜丸」などの船員らが被曝した年に公開され、その内容も事件や核実験への恐怖を強く連想させるものでした。以来、戦後日本では映画、小説、漫画、アニメなどのポピュラー文化の中で原子力や核エネルギーについて時代ごとに様々な描かれ方をしてきました。

出典http://www.tbsradio.jp/61103

次へ