北欧諸国は、歴史・文化・社会等に共通点が多い。
言語・民族的には、フィンランドを除き、北ゲルマン語を話す北ゲルマン系民族である。
北ゲルマン語は北欧語・ノルディック語・ノルド語とも呼ばれ、非常に似ているデンマーク語・スウェーデン語・ノルウェー語・アイスランド語およびフェロー語等の総称である。
また逆に、北ゲルマン語は北欧諸国以外ではほとんど話されず、北ゲルマン系民族は北欧諸国以外にはほとんど居住しない。
唯一、フィンランドの多数民族はウラル系のスオミ人である。
スオミ人の固有の文化はゲルマン民族とは大きく違い、隣国ロシア国境地帯のカレリア人やフィンランド湾対岸のエストニア人と共通点が多い。
しかし、フィンランドは旧スウェーデン領なので北欧文化の影響を強く受け、少数民族としてスウェーデン系フィンランド人もおり、スオミ語だけでなくスウェーデン語も公用語になっている。
また、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド(およびロシア)の北部一帯のラップランドに、やはりウラル系のサーミが少数民族として住む。

出典北欧 - Wikipedia

前へ 次へ