1. まとめトップ

無限パクチー☆スーパーで買ってきたパクチーからまたパクチーを育てる方法【コリアンダー・香菜・育て方】

好きな人ならいくらでも食べられますよね、パクチー!あのクセがたまらないんですよね〜。もっと食べたい...いつでも食べたい...山盛り食べたい!そこでスーパーで買ってきたパクチーから再びパクチーを収穫するお手軽ガーデニングのアイデアをご紹介します。

更新日: 2019年05月15日

12 お気に入り 48099 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bunkatoricoさん

♣その1 スーパーでパクチーを買う

スーパーで根っこがついているパクチーを買います。

ああ、美味しそう。

根っこもきれいに洗えば食べられますが、そこを我慢して茎を3〜4センチくらいつけたまま根っこ部分をカット。

上部の茎と葉っぱは新鮮なうちに召し上がれ!

♣その2 根っこを植える

根っこ部分を水につけておいてもある程度育ち何回か収穫が望めます。

しばらくこうして育てて楽しんでも良いでしょう。

ただ春夏は水をこまめに替えないとドロドロになったり小虫が寄ってきたりします。

そこで清潔なプランターなどの容器にハーブ用の土を入れ、そこに根っこを植え付けます。

パクチーはゴボウなどと同じ「直根性(ちょくこんせい)」のため、太い根が1本下へ、下へ伸びながら成長します。

そのためその一本の根っこは傷つけないように、大切に扱ってください。

そして少なくとも20~25cmぐらいは深さのあるプランターを用意するのがよいでしょう。

成長した姿をイメージしながら、幅45センチ以上ある丸型なんかいいですね。

パクチーの森みたいになってね。

根付くまでは直射日光が当たらない軒下や日陰などに置き、毎日お水をやります。

乾燥していないか、虫がついていないか、様子をこまめに観察してあげましょう。

愛着が湧き、収穫したときの喜びが倍増します。

出典yaplog.jp

新しい葉が中心部から出てきて成長してきたら、根付いたということ。

日当りが良い場所に置き、引き続き様子を見ながら水やりをしながら適宜収穫!

あまりにもぐったりしていたら暑すぎるんだな、と思って半日陰などに移動させましょう。

夏の暑い頃は、日が昇り気温が上がる前の朝と夕方の2回水やりするのがベスト。

暑い最中に水やりすると蒸しパクチーになってしまいます!

逆に湿気の多い時期、雨の多い時期には根ぐされの原因に
なるため、水やりの量は少なくする必要があります。

パクチーの株が順調に育たないと感じる場合には、
液状肥料を1週間に1度くらい適量を投入してみて
様子をうかがいましょう。

♣その3 花を愛でる

葉っぱが育ってきたら株の外側の葉っぱを、根元に近い茎部分からはさみでカットして収穫します。
(手でちぎってもいいんですけどね)

すると内側から新しい葉が伸びてくるのでサラダやスープなどにちょっとほしいとき、さっと収穫してしばらく楽しめます。

その中から種をとる株を決めて、花を咲かせます。
ほら、こんなに繊細できれいな花が咲くんですよ!

かわいい♥

♣その4 種をとる

花が咲くと種ができます。

そうです、スパイスとして使われるコリアンダーシードです。

これはこれとして使ってもよいですね。

茶色くなってカサカサと乾燥ぎみになったところで種をとります。

♣その5 種を植える

適している時期は4~5月と
9~10月が種を蒔くのに適したタイミングといわれています。

春まきの場合は、生長がよく早くから収穫を始められますが、初夏にはとう立ちして花が咲きますので楽しめる期間は短めになります。
秋まきの場合は、生長は遅いのですが春に花が咲くまで長く収穫を楽しむことができます。

パクチーの種は固い殻に包まれていてこのままでは発芽しにくいってことでまずは、割ります。

爪でも割れますが、石などで軽くこすったり叩いたりしてもいいかも。優しくね!

すると2つの小部屋から2粒の種が出てきます!

乾燥しているのでこのままでは発芽しにくいってことで、水に一晩くらい浸けておきます。

そしたらまた清潔なプランターや鉢にハーブ用の土を入れ、種をまきます。

一定の間隔があいている状態で蒔きましょう。

パクチーの種がちょうど隠れる程度にうっすらと覆土するのが
ちょうど良いでしょう。

乾燥しないよう水をやり続けると双葉が出てきます!

かわいい♥

発芽してきて隣同士がキツキツな所から随時、間引いて行きます。

♣その6 またパクチーを収穫する

1 2